世田谷一家殺人事件、被害者の姉の「その後」

隣に住んでいた姉一家の人生も激変した

その姉が、入江さんである。

「“世田谷事件の遺族です”、そう人前で話せるまでに、6年かかりました。そして、今、17年たった私の姿です」

穏やかな表情は、犯罪被害者遺族という言葉が不釣り合いなほど。ざっくばらんな話し方も、実に親しみが持てる。講演の中では、事件を語る一方、被害者遺族と周囲が、どう向き合えばいいか、という話にも多くの時間を割いた。終盤では、次々と質問する学生に、「いい質問ですね」と、時に笑顔を見せながら、自分の考えを伝えていた。その姿が物語っていた。

17年を経て、入江さんが、「助けが必要な人」から、「助ける人」へと立場を変えていることを。

『あの日』から、どう生き直してきたのか

事件があった『あの日』から、どう生き直してきたのか。壮絶な日々を振り返ってもらった。

「両親の話もするんですか?ちょっと待っててください」

ほっぺにチューでもわかるよう、入江さんと泰子さんは、幼いころからそれは仲のいい姉妹だった。写真は入江さん7歳(写真右)、泰子さん5歳の七五三のとき

東京・港区の自宅リビング。入江さんはそう言い置くと、別の部屋から風のように2つの写真立てを持ってきた。

「こちらが父。豪放磊落(らいらく)で、ちょっと遊び人、なんて言ったら怒られちゃうかな(笑)。母は、見てのとおり、まじめな人でした」

1957年、東京・品川区旗の台で生まれた。不動産業を営む父親は、仕事柄、浮き沈みが激しく、しっかり者の母親が、家庭を守っていたという。2つ違いの妹・泰子さんとは、2人きりの姉妹で幼いころから、それは仲がよかった。

「子ども時代は、路地裏で遊んだり、年ごろになってからは、恋の話も打ち明け合ったり。やっちゃん(泰子さん)は私にとって、誰よりも心を許せる存在でした」

小学校から高校まで、入江さんは私立の一貫校に通い、泰子さんは地元の公立学校に通った。姉妹で進路が違ったのは、「父の羽振りのいい時期が、たまたま私の学校の節目に重なっただけ」と笑う。

「だから、妹が高校受験のときは、勉強を見てあげたりと、できる限り応援しました。父の仕事がうまくいかず、家が大変だった時期も、やっちゃんがいれば心細くなかったし、たぶん、妹も同じだったと思います」

次ページ絆の深さは、唯一無二
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。