若いイケメンより、年上オヤジがモテる理由

モテる年上男の共通点とは?

包容力がない人が包容力のなさを露呈してしまう会話スタイルがあります。それは、私が「会話のデモ行為」と呼んでいるもの。次に挙げるような人とは、「もう、話をするのイヤだな〜」と思いませんか?

・こちらが話を終えてないのに、自分の話を割り込ませる人

・「それは違うだろ」「こうするべきだろ」とすぐに人の話を否定する人

・相手の気持ちや会話の流れより、何が正しいかに固執する人

この3つを合わせ技で繰り出してくる人がいたら、私は「もう話したくないっす」と不退転の決意を固めることでしょう。いわゆる、「話の腰を折る人」「聞く耳を持たない人」たちです。こういう人は、相手の話に反応するとき、「でもねぇー」とか「でもさ!」と「でも」を連発するのです。だから、デモ行為。デモ行為は相手に対する反対の意を示す行為です。そして同時に、包容力のなさをさらけ出してしまう行為です。

だから、気をつけましょう。相手の話を聞いて、「でも」という言葉が頭に浮かんだら、ぐっと堪えてください。まずは、「そうなんだ」と言って相手の話を受け止めてください。そして、なぜそう思うに至ったのか相手の話に耳を澄ませましょう。これが聞き上手になれるか、なれないかの試金石。そして、相手のことを、まずはいったんがっちりと受け止める力、これが大人の包容力なのですから。

この話に「でも……」という言葉が浮かんだら、次の話を読んでください。

ソニー盛田さんのすごい包容力

世界的な大企業、SONYの創業者といえば、空飛ぶセールスマンと言われた今は亡き盛田昭夫さん。その盛田さんは人のハートをがっちりつかむ達人でした。その秘訣は、どんな意見でも笑顔で受け入れる包容力にあります。

盛田さんは、部下の意見を聞くとき、たとえそれが、どんなにひどい内容でも、「おお、それは、いい考えやな」と満面の笑みで大きくうなずくそうです。しかし、後になって逆の指示を出すことがしばしば。それでも、部下は大喜びで指示を実現しようと必死になって働くそうです。なぜなら、盛田さんに意見を受け入れてもらった時点で、絶対の忠誠心を抱くからです。
この忠誠心もさることながら、盛田さんの包容力のすごさに私は感服いたします。盛田さんの包容力とは相手の意見を否定せず、まずはいったん受け入れる、というところにあります。

これはスゴイことです。なぜなら、人間誰しも「それは違うんじゃない」と他人の話に違和感を感じると、すぐさま反論したくなるからです。そこをぐっと堪えて、まずは相手の意見を受け止める。そこから自分の意見をやんわりと表明する。すると、相手もこちらの意見をすーっと受け止める余裕ができているのです。ここはポイントです。

たとえば、営業活動の中で商品を懸命に勧めていて、お客さんから「でも、高いんだよな」とガツンと反論されたとき、「いえ、高くなんかありません。モノが違います!」なんって即答したら、敵味方に分かれての論戦開始です。

しかし、相手の意見をいったん受け止める。たとえば、「そうですね。最初はそう感じる方が多いです」とやれば、カドが立ちません。それから、やんわりと価格と効用の関係性を説明すればいいのです。

次ページ失敗をおそれる若い男たち
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。