会話上手な人は話題を「下ごしらえ」している

「また会いたい」と思われる人の秘密

では、具体的に何をするのか。たとえば明日、番組にゲストを迎えるという日、私は事前にその人のプロフィールなどをまとめた簡単なメモをつくります。そして、そこに必ず自分なりに考えたその人にまつわる「イメージワード」を書き添えます。

歌手のJUJUさんがゲストに来た時は

秀島 史香(ひでしま ふみか)/ラジオDJ、ナレーター。1975年、神奈川県茅ケ崎市出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。大学在学中にラジオDJデビュー。J-WAVE『GROOVE LINE』、NHKラジオ『洋楽で学ぶ英文法』のほか、NHK総合『着信御礼!ケータイ大喜利』などのテレビ番組にも出演。映画、テレビ、CM、アニメなどのナレーション、美術館音声ガイド、機内放送など活動は多岐にわたる。J-WAVE SPECIAL『VERMEER, 37 STORIES~光の王国~』で第49回ギャラクシー賞『ラジオ部門選奨』受賞。現在Fm yokohama『SHONAN by the Sea』、JFN系列局『Pleaseテルミー!マニアックさん。いらっしゃ~い!』に出演中。『NHKドキュメンタリー 安室奈美恵 「告白」』で、インタビュアーを務めた

以前、特番に歌手のJUJUさんがゲストに来てくださったときのこと。ジャズから歌謡ポップスまで歌いこなす実力派シンガー、JUJUさんといえば、アメリカ・ニューヨークでの音楽修業の日々が思い浮かびます。

ニューヨークは、季節の移り変わりがとても美しい街です。番組が放送されたのは、秋を迎えるころでした。今の季節はきっとセントラルパークがキレイだろうな。セントラルパークといえば、そこを舞台にした映画がいくつもあるな。『ティファニーで朝食を』や『レオン』、紅葉が美しかった『オータム・イン・ニューヨーク』、クリスマスになれば『ホームアローン2』。主役を演じたマコーレー・カルキンくん、かわいかったな……、という具合に、イメージを広げていきます。

そういえば『プラダを着た悪魔』では、主人公が鬼編集長の細かいオーダーを受けてコーヒーを買いに行かされていたっけ。ニューヨーカーたちが愛してやまないコーヒー、最近はどんなものがはやっているのかな。日本にはないメニューがあったりするのかしら。JUJUさんのお気に入りはなんだろう。

「セントラルパークの秋」「映画の中のマンハッタン」「コーヒー」「ニューヨーカーの最新流行」。これで四つ、「イメージワード」が挙がりました。

現場で使える・使えないは抜きにして、このように連想しりとりをしながら広げていきます。これらの「思い浮かんだすべてのイメージ」こそ、会話において「大丈夫、私にはとりあえずの一品がつくれるぞ」と安心できる「話題のストック」になるのです。

「この季節、たまにニューヨークの秋の風景も思い浮かぶんじゃないですか?」と、JUJUさんの思い入れの強い話題から入ってみます。すぐさま「そうなんですよ! 街を歩くだけで、見るもの全てに感動していましたねぇ」と、パッと目を輝かせて答えてくれます。

次ページインタビューの仕事に限らない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。