29人死亡した韓国ビル火災、責任者を逮捕

安全管理を怠った疑いなどで逮捕

 12月26日、韓国・堤川市のサウナやジムが入ったビルで29人が死亡した21日の火災で、警察当局は、安全管理を怠った疑いなどで建物の所有者と管理者を逮捕した。提供写真(2017年 ロイター/Yonhap)

[ソウル 26日 ロイター] - 韓国・堤川市のサウナやジムが入ったビルで29人が死亡した21日の火災で、警察当局は26日、安全管理を怠った疑いなどで建物の所有者と管理者を逮捕した。

所有者には、防火対策を定めた規則に違反した疑いのほか業務上過失致死の疑いが持たれている。

警察関係者は、火災発生時に建物1階に設置されたスプリンクラーが正常に作動しなかったと明らかにし、設備が正常に動いていれば延焼のスピードがもっと遅かった可能性があると述べた。

またこの関係者は、2階の非常出口が棚などでふさがれていたため開かなくなっていたと話した。

捜査当局は火災の原因についてなお調べている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT