29人死亡した韓国ビル火災、責任者を逮捕

安全管理を怠った疑いなどで逮捕

 12月26日、韓国・堤川市のサウナやジムが入ったビルで29人が死亡した21日の火災で、警察当局は、安全管理を怠った疑いなどで建物の所有者と管理者を逮捕した。提供写真(2017年 ロイター/Yonhap)

[ソウル 26日 ロイター] - 韓国・堤川市のサウナやジムが入ったビルで29人が死亡した21日の火災で、警察当局は26日、安全管理を怠った疑いなどで建物の所有者と管理者を逮捕した。

所有者には、防火対策を定めた規則に違反した疑いのほか業務上過失致死の疑いが持たれている。

警察関係者は、火災発生時に建物1階に設置されたスプリンクラーが正常に作動しなかったと明らかにし、設備が正常に動いていれば延焼のスピードがもっと遅かった可能性があると述べた。

またこの関係者は、2階の非常出口が棚などでふさがれていたため開かなくなっていたと話した。

捜査当局は火災の原因についてなお調べている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。