「欲しい未来に寄付を」小さな発信も始めよう

子どもたちから日本中に広がる輪

「高校生だけで進めているのがすごいなと思いました。簡単におもしろく寄付のことを広めていたり、演技で披露してくれたり。とても楽しみながら堅苦しくなく、言葉だけじゃなくて動きでも教えてもらいました。『私にできることはないかな』と相談して、『ふじぽんキッズ』を始めることにしました。」

『ふじぽんキッズ』では、『#ふじぽんキッズ』をつけて子どもたちが実際に行った寄付体験、見つけた寄付方法をSNSに投稿してほしいと呼びかけています。使わなくなったランドセルや読まなくなった本を寄付するなど、子どもでもできるアクションを共有できる場作りを目指しています。

「子どもたちが寄付について発信したら日本中に寄付を楽しく広げられる。やっぱり、小学生がやったほうがみんなが注目をして、大人も注目をして、寄付を知らない人が見て興味をもって。『子どもができるなら僕もできる』とか、子ども同士でも『あの子がやっているからきっとできるはず』とか。そんな風にやる人が増えていくから、子どもにやってほしいなと思います。」

かのんちゃんの寄付アクションは、ヘアドネーション

かのんちゃん自身の寄付アクションは、ヘアドネーション。

「小さい頃からの友達が伸ばしては切って伸ばしては切ってというのを聞いていて、『ふじぽんキッズ』ができたらやりたいなと思っていました。12月の半ばくらいに切ろうと思っています。ちょっとドキドキします。病気の人や髪の毛が伸びない人に、少しでも自信を持ってもらって喜んでもらいたいなと思います。」

寄付ができれば、『#ふじぽんキッズ』をつけてふじぽんのFacebookページ『ふじぽんのGoenがありますように』で投稿するそうです。

「民主主義の対語は沈黙だ。欲しい未来に、寄付を贈ろう」。「寄付月間」を良いきっかけに、是非あなたの小さな寄付アクションを発信してみてください。

(※1)総務省統計局、国税庁、AAFRC Giving USA2009 NCVO UK Voluntary Sector Aimanac 2008より、内閣府NPO資料

GARDEN Journalismの関連記事
隠蔽や改ざんに立ち向かう親たち 「本当のことを知りたい」 終わらない震災の記憶
車いすに乗って恵比寿の街を散策して分かった「心の段差」
【障害者支援】補助犬を知っていますか 差別解消に向け理解を広げたい
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング