韓国のビル火災で29人死亡、大半がサウナ客

死者数は増える公算が大きい

 12月21日、韓国・堤川市のサウナやジムが入ったビル(8階建て)で火災が発生し、少なくとも29人が死亡した。提供写真(2017年 ロイター/Yonhap)

[ソウル 21日 ロイター] - 韓国・堤川市のサウナやジムが入ったビル(8階建て)で21日、火災が発生し、少なくとも29人が死亡した。消防当局者は犠牲者の大半がサウナで発見されたと明らかにし、窒息死が主な死因との認識を示した。

救出活動が続いており、死者数は増える公算が大きいという。

地元のニュースチャネルYTNは、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が多数の犠牲者が出たことに深い哀悼の意を示した。李洛淵(イ・ナギョン)首相は死傷者数を最小限に抑えるため、救出活動を加速する意向を示した。

堤川市は首都ソウルの南東方向に位置し、山や湖を訪れる人に人気がある。

関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。