韓国のビル火災で29人死亡、大半がサウナ客

死者数は増える公算が大きい

 12月21日、韓国・堤川市のサウナやジムが入ったビル(8階建て)で火災が発生し、少なくとも29人が死亡した。提供写真(2017年 ロイター/Yonhap)

[ソウル 21日 ロイター] - 韓国・堤川市のサウナやジムが入ったビル(8階建て)で21日、火災が発生し、少なくとも29人が死亡した。消防当局者は犠牲者の大半がサウナで発見されたと明らかにし、窒息死が主な死因との認識を示した。

救出活動が続いており、死者数は増える公算が大きいという。

地元のニュースチャネルYTNは、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が多数の犠牲者が出たことに深い哀悼の意を示した。李洛淵(イ・ナギョン)首相は死傷者数を最小限に抑えるため、救出活動を加速する意向を示した。

堤川市は首都ソウルの南東方向に位置し、山や湖を訪れる人に人気がある。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT