「スニーカー狂」がナイキを語ると、こうなる

「そこには文化、哲学、物語、すべてがある」

アクタガワ:僕は個人的に、初期のナイキが日本で作られていたということに思い入れがあるんです。僕がはじめて知ったナイキは、日本製でした。アメリカの靴が日本で作られているって、面白いですよね。ビンテージの靴でも、アメリカ製のものに比べて、日本製は縫製ひとつとっても圧倒的にクオリティが高い。

ナイキのシューズを作っていた福岡の工場を訪ねて、当時を知る人に施設を見せていただいたことがあります。当時その工場が卸していた靴は、1足500円。それに対して、ナイキへの卸値は7ドル50セント(約2700円)だったそうです。「えっ、そんなに高く買ってくれるんですか?」ということになって、とにかくいちばん良い材料を選んで、ひたすらしっかり作ったと聞きました。フィル・ナイトはそんな日本の技術の高さに着目していたんですね。

榎本:『シュードッグ』はアメリカでベストセラーになって、ついに日本でも翻訳版が出版されました。日本とナイキって、こんなに関係が深いんだとよくわかりますし、日本人が読んでエキサイティングな本だなと改めて思います。

ナイキの進化は、僕らの想像を超える

アクタガワ タカトシ/1972年生まれ。Thunderbird Design代表。エディター、コピーライター、プロダクトデザイナーと多彩な顔を持つ。スニーカー収集家、また野営道具研究家としても知られている。2005年、自身のナイキ・シューズのコレクションを紹介した『BlueRIBBONS』(ディー・ディー・ウェーブ)を刊行。スニーカーファン、クリエイターの間で話題となる(撮影:尾形文繁)

国井:ナイキとアディダスはつねに比べられます。一言で表せば、アディダスは「変化のブランド」。それに対してナイキは「進化のブランド」です。たとえばエアマックスは、1、2、3、4……と進化していく。ギア的な進化こそ、スポーツブランドとしての真骨頂です。エアマックス誕生30周年といったような大掛かりなプロモーションイベントができるなんて、ほかにはありません。

アクタガワ:ほんとそう! そのとおり。

国井:エアマックス360が出たとき、僕たちは「想像しうるスニーカーの終着地点に行き着いたんじゃないか」と思ったけど、ナイキはまだまだ行き着いていなかった。そのあとでヴェイパーマックスが出てきたときは、ケージやアウトソール、そしてミッドソールまでもがなくなっていて本当にびっくりしました。

ワッフルソールにしても、最新作のエアマックスにその意匠が残っていたりする。この進化こそが、ナイキなんです。僕たちの想像を超えた、もっと先を見せてくれる。靴の概念さえ変えるものを、ナイキならつねに出してくれると思います。

アクタガワ:そこだよね。エアだって、少しずつ積み上げて進化していく。そして進化を止めない。すごいものができる秘訣って、そこだと思う。

榎本:最近も、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に出てきた靴のモデルを現実化させて、自動靴ひも調整機能のついたハイパーアダプトが出て驚きましたが、あれがまた進化するかもしれませんよね。

国井:今は電気を使って靴ひもが締まる仕組みだけど、電気を使わずにそれができるようになるかもしれない。僕らが考えるアップデートとはレベルの違うモノやコトを、ナイキはきっと描いています。

榎本:本日はありがとうございました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT