ドコモが送り出す、“若き侍たち"の野望

ベンチャー支援プログラムに挑む3チームを直撃

――デコアプリの開発に取り組んだのは?

なぜ人は写真を撮るのかと言えば、その瞬間を切り取り、一生の思い出にしようとするからです。これを加工して保存し、友人とも共有することで、もっとかけがえのないものにできると思いました。思い出を可愛く残し、さらに友人と共有して楽しむという流れです。

既存のアプリは10代の若者向けが多く、家族向けとは言えないものがほとんどでした。そこで、「Deco Album」はインターフェースを落ち着いたものにしました。メインのターゲットは25~35歳に設定していますが、15~25歳も同じくらい使われています。家族や友人で共有するユーザーが多いですね。

写真にスタンプを置いたり、背景を変えたり、文字を入れるなど、アプリの操作感にはものすごくこだわっています。僕も細かいですし、チームのエンジニアも細部までしっかり作り込んでくれています。ユーザーの声も取り入れて、文字を入れる機能を直したり、デザインの改善やボタンの大きさをミリ単位で変更するなど、細かな改良を続けています。

大半のメンバーとは「偶然会った」

――チームはどんなメンバーで構成されていますか?

イベントや友人の紹介などで偶然に会ったメンバーが多いですね。みんな優秀で、僕が何もやらなくてもいいくらい(笑)。とにかくこだわりを持った、プロフェッショナルな人が多いです。子供のころからスーパーファミコンを改造していた社員もいます。

――プログラム卒業後の目標を教えてください。

71億人が使い、全世界の人々の生活を変えるようなサービスを手掛けていきたいと思っています。大切なのは人の心です。人は本質的に、自分の心が満たされていれば、モノやカネがなくても満足できるはずです。

たとえば、親元から離れて勉強する学生や家族と離れて働く社会人、出稼ぎの外国人の方は、スマホなら手軽にコミュニケーションを取れる。どこでも手軽につながることができれば、世の中を変えていくこともできるのではないか。そんなサービスを作っていきたい。ドコモなど、デバイスを提供するキャリアと協力していくことで、まずはアジア地域でシェアをとっていきたいと考えています。

次ページ東大大学院発のベンチャーに聞く
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT