ドコモが送り出す、“若き侍たち"の野望

ベンチャー支援プログラムに挑む3チームを直撃

カップル専用アプリ「Pairy(ペアリー)」を提供しているのがTIMERS inc.。ペアリーはチャット、お互いへの質問カードに加えて、デートの行き先をオススメする機能やギフト機能など、コミュニケーションを深める工夫が凝らされている。高橋CEOと田和晃一郎COOは博報堂出身だ。
TIMERS inc. 高橋才将CEO

――ベンチャーとしては異色の、博報堂出身です。

以前から、事業を起こしたいという思いはあり、学生時代にも映像系の会社を起こした経験がありました。博報堂では2年間働きましたが、やりたいことが見つかった。同時に仲間も見つかったので、思い切って起業しました。カップル向けアプリを開発しようと思ったのは、フェイスブックなどのソーシャル疲れがあり、今後は少人数制のSNSが盛り上がっていくと感じたからです。そこで、SNSの究極の形として、恋人や家族の関係をフォローしていけるようなサービスが必要だと思いました。

どれだけ時代が変わっても、人を豊かにするのは家族や恋人、友人との関係です。友人とのコミュニケーションではフェイスブックがありますが、カップルが使えるサービスは少ない。また、カップルはデートをしておカネを使うので、サービスをマネタイズする部分でも、いい形を作れるのではないかと思いました。恋愛関係、家族関係において、人は大きなエネルギーを使います。いい大人が泣くわけですよ(笑)。これはすごいこと。このエネルギーを活用できるいいサービスが、スマホで提供できると思いました。

カップルには、思い出を振り返ることが重要

――ユーザーにはどのように活用されていますか?

カップル専用アプリというと、若いカップルがイチャイチャする、といったイメージがあるかもしれません。ですが、ペアリーのユーザーの70%は20代が占めています。10代の若いカップルというよりは、結婚手前の段階のカップルなどに使ってもらっています。

サービスでは、ユーザーが1カ月前までのチャットの内容を振り返る確率が40%を超えます。つまり、カップルにとっては、これまでの思い出を振り返ることが重要なのだと思います。この体験をいかにリッチにするかということですね。同時に、思い出を作ることも重視しています。デート機能によって、レストランなど、二人がデートでいきたい場所が共有され、実際に出掛けるカップルも多い。デートの意思決定が行われる場所としても定着しつつあります。

ユーザーへのアンケートでは、二人の思い出をよく振り返るようになったという方が85%、デートが充実したという方が50%、結婚を意識するようになった方が45%という結果が出ています。二人の軌跡が数字(付き合ってから○日など)でも可視化されるので、別れるのがもったいないと思うようです。

次ページ博報堂出身の持つ強みとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT