平安の不倫マニュアル「和泉式部日記」の中身 許されぬ恋に走った和泉ちゃんの大胆不敵

印刷
A
A

仏様のいる明るい山を出ていって、恋を選んだ和泉ちゃんはもう破滅の道を歩んでいく覚悟を決めている。ここから2人の仲はもっと深まり、行動がさらに大胆になる。女性が外出することがめったになかった時代に、男性と2人で牛車(ぎっしゃ)に乗り回ったり、外でお泊まりしたり、彼の家に上がったり、髪の毛はぼさぼさ、着物がしわしわの朝帰りをしたり……空前絶後のことであろう。

アバンチュールの時間はハラハラドキドキで楽しくもあるが、帥宮はずっと遊んでいられるような身分ではない。そこでまさかの提案。うちに来ないか、と。しかし、それは決してプロポーズではない。まず、権力もあって、ものすごくカッコよくて、和歌のセンスも抜群というような優良物件が独身なわけがない。それに、和泉ちゃんはただの受領の娘なので、例え第2婦人としても、帥宮との結婚は絶対に許されない。

「うちに来る?」というのはすなわち

「うちに来る?」というのは、つまり愛人兼召使いとしてということだ。毎日帥宮と時間を過ごせる半面、自分のプライドを捨てなければならない。当然、女心はかなり揺れる。だが、恋にすべて委ねることに決意する。これで一件落着かと思ったら、今度は帥宮が出家すると言い出すではないか! ここまで来たのにぃ……と現代人読者ががっかり。しかし、帥宮の出家宣言も一種のパフォーマンスにすぎない。

案の定、出家のことなんぞすぐにあきらめて、和泉ちゃんを家に迎えることに。運命の日は、12月18日。一緒に住み始めたら、面倒な移動をしなくても済むし、とがめる人もいない。まるでパラダイスにいるかのように2人はただ愛し合って、語り合って、幸せな時間をたっぷりと味わう。だが、それを面白く思わない人がいる。帥宮の正妻こと、北の方だ。

「しかじかのことあなるは、などかのたまはせぬ。制しきこゆべきにもあらず、いとかう、身の人気なく人笑はれに恥かしかるべきこと」と泣く泣く聞え給へば、「人使はむからに、御おぼえのなかるべきことかは。御気色あしきにしたがひて、中将などがにくげに思ひたるむつかしさに、頭などもけづらせむとて、よびたるなり。こなたなどにも召し使はせ給へかし」など聞え給へば、いと心づきなくおぼせど、ものものたまはず。
【イザ流圧倒的意訳】
「女を連れてきたそうですが、何故私に一言も言ってくださらないの? 別に妻の私はどうこう言えるわけではないですが……あまりにも侮辱的な扱い、周りの人はみんな私を笑いものにしているのよ。もう恥ずかしくって……」と北の方が泣く泣く話している。それに対して宮「新しい召使を雇うにはあなたの許可なんかいらないでしょ。あなたは機嫌が悪いので、こっちの侍女が俺を嫌っていることだし。髪をセットしてもらおうと彼女を呼んだんだ。こっちでも使えばいいんじゃないの」というのであった。

何その言い方!? 帥宮、ひどくないか? 和泉ちゃんかわいそうだし、正妻も気の毒。北の方の姉は皇太子の妻で、妹がこのような扱いを受けていると知り、家を出ちゃいなさい!と妹を説得する。やがて北の方は耐えかねて、家出を決意。そこで、華々しくフィナーレ。

次ページ前代未聞のフィナーレ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT