販売店が悲鳴、スバルが直面する新たな試練

無資格検査リコール対応で整備士不足に拍車

しかしながら、整備工場からは悲鳴が上がる。以前に比べ、時間との闘いがよりシビアになっているからだ。2年ほど前なら、納期に間に合わせるために徹夜で仕事をするということもできた。しかし働き方改革が唱えられる中で、夜10時以降の残業は禁止に。ただでさえギリギリで回している体制の中、同じ時間内で対応するのは非常に厳しい。ある販売店の幹部は「負担は増えているが、目の前のことをやっていくしかない、と整備士たちに話している」と述べる。しかし、こうした状況に不満が高まれば、ただでさえ少ない整備士が辞めてしまうおそれもある。

「リコール後1カ月間がいちばん厳しい」

メーカー側は「お客様が駆け込む最初の1カ月がいちばん厳しい。心が折れないよう、最前線の現場を支えていく」(吉永社長)と、販売店への支援を惜しまない考えだ。とはいえ、200億円のリコール対応費の多くは、リコール自体の工賃(1台当たり2万円)や顧客に対する重複作業費に充てられる見込みだ。整備士増員への投資や販売会社のスタッフへの特別手当など、販売店の負担軽減に向けた対策が求められている。

スバルが今春発売した新型「XV」。無資格検査に伴うリコール対応で現場が繁忙を極める中、好調な国内販売を維持できるかに注目が集まる(撮影:尾形文繁)

新車販売への影響はどうなのか。テレビなどでの広告宣伝を止めているため、新規顧客を取りにくくなっているほか、フェアなどの店頭施策も一部自粛している。11月上旬には解除する予定だったが、12月上旬ごろまで長引く予定だ。スバルの場合、新車の受注から納車まで2カ月ほどかかるため、今年の年末ごろから順次、販売台数にも影響が表れてくる可能性がある。

「安心と愉しさ」というコンセプトを打ち出し、水平対向エンジンやアイサイトに代表される高い機能性を武器に、販売を伸ばしてきたスバル。販売拡大は、顧客と直接かかわる販売店へのシワ寄せをも生んでいた。対処が追いつかないまま、過去に例を見ない規模のリコールに大きく翻弄されている。販売の最前線で余裕がなくなれば、顧客との密なコミュニケーションが不可能になり、スバル車のよさを訴求できなくなるのは自明だ。はたして、この1年で、現場の混乱を収束させることができるのか。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。