介護離職シングルマザーがハマった貧困の罠

「振り返れば貧困を回避する選択肢はあった」

45歳で介護離職、47歳で経済的に破綻した。生きるために仕事を見つけなければならない。

「ハローワーク、インターネットの求人サイト、フリーペーパーとあらゆる求人を見て応募しました。全部、断られる。本当に何十件も断られて、おかしくなりそうでした。原因はおそらく年齢だと思うのですが、最終的にはスーパーのレジもダメでした」

正社員どころかパートすら決まらない状況で、姉が通う病院からは容赦なく請求書が届く。払えない。何度も電話で謝って、支払いを延ばしてもらった。限界だった。

「やっと病院での仕事も決まった。でも、時給で月の給与払いなので働いてからお給料になるまでに2カ月くらいかかる。請求がたくさんきてどうにもならなくなって、個人融資っていう闇金に手を出してしまったんです。私、闇金って存在すら全然知らなくて、大変なことになりました」

個人融資とはこの数年に出てきた新しい闇金だ。債務者を掲示板などで見つけ、即日おカネを貸す。金利はすさまじく、川上さんが借りたのは5万円。元金5万円で10日2万円の利子がかかるというシステムで、免許証を写メするとすぐに5万円から利子が差し引かれた3万円が振り込まれた。10日後に5万円を支払う、利子2万円を支払ってジャンプする、どちらかが求められる。

「結局、5万円を返すことができなくて、10日ごとに2万円をまじめに返していました。結局、何度も払ってから5万円を返しました。そうしたら相手は、また勝手に3万円を振り込んできて、終わらせてくれなかった。警察にも行きました。警察から警告してもらっても終わらなくて、職場に何度も電話がかかってきたり、ピザを大量に頼んだりと嫌がらせもされた。せっかく見つけた仕事もクビになりました」

まじめな川上さんは、闇金にとっても餌食にさせやすかった。強引にでも貸し出せば、返済をしてくる。闇金は川上さんから徹底的におカネを引っ張り、結局、たった3万円の振り込みから始まって総額100万円近くを支払ったという。

「闇金から逃げるために今の部屋に引っ越して、昔の職場の先生に泣きついて、今の病院を紹介してもらった。だから、普通の生活が送れるようになったのは一昨年です。大学退学した娘はシェアハウスを借りて、なんとか自立しています。今後どうなるかわかりませんが、姉も落ち着きました」

まじめな人がとことん損をする

川上さんの話は終わった。娘の高校退学あたりで涙目になっていたが、“まじめな人がとことん損をする”典型的な話だった。家族の介護には誰も同情しない、国も社会保障は地域や家族に限界まで押しつける流れがある。彼女に降りかかった介護離職から始まった悲劇は、これからどんどん増えるはずだ。

「介護離職したことは本当に後悔して、仕事がまったく見つからなかったとき、生活保護も受けるべきだったと思いました。行政とちゃんと話をする知識があればよかった。それに苦しい人をさらに苦しめる闇金みたいな人たちがいることも、本当に知りませんでした」

姉の介護を拒否し、闇金には即元金5万円を支払い、携帯電話を変えれば終わった話だ。善意ある人がとことんむしられ、その子どもたちまでが容赦なく被害をこうむる。老朽化した部屋ですき間風に凍える川上さんの姿は、現在のなにか歯車が狂った社会を映しだしていた。

本連載では貧困や生活苦でお悩みの方からの情報をお待ちしております(詳細は個別に取材させていただきます)。こちらのフォームにご記入ください。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。