「20代でコンサルに転職」は簡単ではない

「挑戦のための準備」をしているかが重要

ポテンシャル力のある人、つまり応用力のある人は物事の本質を考えますから、上記の質問にも答えられるわけです。そして答えられるということは、ポテンシャル力が高いわけです。

「挑戦のための準備」をしているか

加えて、やはりコンサルを目指すのであれば、仕事以外での準備もぜひしておきましょう。

採用を通じて、非常に多くの異業種からコンサルに転職したいという人を見てきましたが、皆さん「挑戦したい」という人は多いですが、実際に「挑戦のための準備」をしている人は非常に少なかったです。

たとえば、簿記やファイナンスの勉強をしている、夜間学校でMBAコースを受講しているなど、そういった業務以外にもコンサルになるための準備をしていると非常に印象に残ります。

ポテンシャルでの採用ですから、やはりそういった自己投資をどの程度できる人か、行動力はどの程度あるかが見られますから、実際にやっているとなると非常にポイントは高くなります。

ですから採用時に私はいつも、「熱意はわかりましたが、仕事および仕事以外で具体的にコンサルになるためにどんな準備をしてきていますか」と質問をしていました。候補者の本気度を判断するためです。

戦略コンサル会社の持つ唯一の資産は人ですから、採用には非常に力を入れていますし、本気です。本気だからこそ、本気の候補者を採用したいのです。

そのような考えから、青木さんには仕事および仕事以外の2方面でぜひ準備を進めていただきたいのです。

物事を分解し、理解し、伝える力を仕事を通じて養うだけでなく、今の自分とコンサルとを比較した際にどのような知識が不足しているのかを考え、スクールに通うなどのアクションを起こしてみてください。

ご自身のキャリアにおける課題解決をして具体的行動に落とせるか否かが、コンサル転職への最初の第1歩だとお考えください。青木さんが本気を通じて夢をつかまれるであろうことを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。