健康格差の解消には「楽しい仕掛け」が必要だ

WEBメディア全文公開プロジェクト 第4回

「憩いのサロン」の参加費は、菓子代のわずか100円。おしゃべりや体操で健康増進を図るのが目的だが、実は同じような取り組みは全国にいくらでもある。他の自治体との大きな違いは、要介護リスクの高い高齢者の参加率が高いことにある。

「憩いのサロン」には、ひとり暮らしや閉じこもりがちなど、もともと要介護になるリスクの高い人たちが多く足を運んでいる。その割合は、全国の介護予防教室などと比べて、2.5倍にもなる。さらに、健康診断の受診に消極的になりがちな、教育年数が短い人や低所得の高齢者の参加率が高いこともわかっている。普段、こうしたイベントに参加しないとされる高リスク者が、なぜこれほどまでに集まるのだろうか。

高齢者は「余計なお世話だ」と猛反発

愛知県武豊町の「憩いのサロン」

実は「憩いのサロン」も最初から活動が順調だったわけではなく、様々な試行錯誤を積み重ねて集客のノウハウを培ってきた。当初、武豊町も健診結果などから要介護になるリスクの高い人を見つけ、職員が「健康教室に参加してください」と高齢者一人一人に働きかけていた。いわゆる「ハイリスク・アプローチ」の手法だ。しかし、こうした呼びかけは高齢者にとっては逆効果だった。高齢者からは「余計なお世話だ」「どうして行かなければならないのか」「自分はまだまだ大丈夫!」と猛反発を招いてしまったという。武豊町で保健師を務める小林美紀さんは、こう反省する。

「高齢者の方に『もうすぐあなたは、寝たきりになるかもしれない、介護保険が必要になるかもしれないから』っていう誘い方をしていたんですね。でも、そんな誘われ方では、サロンに行く気になりません。誘われる立場に立ってみれば、不安を煽られているだけです。そこで要介護になるリスクの高い方に限定することをやめて、健康な高齢者の人たちにも門戸を広げて『自分から行きたい』と思っていただけるような工夫を凝らしました」

武豊町では、「ポピュレーション・アプローチ」の手法を導入し、まず参加者の対象を広げるとともに、サロンを開催する場所の配置も戦略的に行った。ポイントは高齢者が住んでいる家の近くに、たくさんつくること。単純に地区全体で割る方法ではなく、高齢者が多い地域に重点的にサロンをつくり、ほとんどの人が徒歩15分以内で通えるようにしたのである。

さらに呼びかけにも「人と人とのつながり」を最大限利用した。比較的元気な高齢者には、まずボランティアスタッフとして声をかけ、参加と運営の一部を任せる協力を呼びかけた。募集の説明会では、研究結果として「ボランティアなどに参加している高齢者ほど要介護状態になりにくい」というデータも紹介し、50~60人を集めることに成功した。こうして集まった大量のボランティアを母集団として、その人たちのつながりを駆使して、ひとり暮らしや閉じこもりがちな高齢者たちに参加を呼びかけたところ、参加者が芋づる式に増えていったという。

町内でひとり暮らしをしている河西元子さん(77歳)もボランティア経験者だ。河西さんの趣味は、家でひとりテレビゲームをすることだったが、「憩いのサロン」の会計係になるのを勧められたのが通うきっかけだったという。

「サロンでね、コーヒー飲んでお茶菓子食べて、みんなとしゃべって、すっきりして帰ってくるんですよ。会計のお手伝いもするから働くし、健康にもいいと思うわ」

こうした「ソーシャル・キャピタル」を最大限活かした「憩いのサロン」の取り組みは功を奏し、2015年度には11ヵ所で年間190回開催、ボランティア登録者数は282人、のべ参加者は1万2636人、実人数でみても町の高齢者のおよそ1割にのぼる。2016年5月には13ヵ所目となるサロンが開設されるまでになった。

次ページ介護予防効果という意味でも絶大な効果
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT