忙しすぎる日本人が知らない深く考え抜く力

たくさんの解き方を意識して重ねよう

では、彼らはどのように学習してきたのだろうか? その「学習プロセス」を考察してみると、次のような景色が浮かんでくる。

「この数式なら、この公式を暗記しておけば正解できる」という、正解に最短距離でたどり着こうとするたった1つの勉強法では、ユニークな解き方は決してできない。ユニークな解き方をする彼らは、「正解というゴールから逆算して、効率のよい1つの解き方」だけをスムーズに進んではいないということだ。

数学好きな人間はある種のフェチでもあり、過去の数学者のさまざまな解き方など、ありとあらゆる解き方に接し、勉強してきたケースは非常に多い。

つまり、ユニークな解き方をする人は、たくさんのユニーク・非ユニークな解き方に接してきている可能性が高いのだ。 

「考え抜く力」が伸びるカラクリ

よって、たくさんの解き方という「多種多様な量」をこなし、多くのプロセスを経験した学生だけが、ユニークな解き方をなしうる確率が高いといえ、プロセスを重視した「量」が、いつしか「質」に転換するのがうかがえる。

ここで京都の寺の「人間は本物に出会わないと本物にならない」という言葉に立ち戻ると、その真意が見えてくる。

「本物に出会わないと本物にならない」というのは、「だから本物に最短で出会えるよう、本物の人かどうかまずは見極めよ」と「結果ありきで行動せよ」ということではない。

「本物に出会うまでに、あなたはいろいろな生き方をしている人と出会うはず。すばらしい人もいれば、面白い人もいる。うそつきもいれば、極悪人もいるだろう。じっくりその経験をすることで、あなたにとっての正しい生き方が見えてきて、あなたも本物に近づく」。つまり、結果ありきではなく、プロセスを大事にせよ、ということなのだ。

これはまさに、「本当に考え抜けるようになるには、プロセスを意識して、重ねよ」を言い当てている金言といえよう。

思考は「けもの道」に似ている。

最初は道なき道であっても、1度歩いた後のほうが少し歩きやすくなる。だからまたそこを歩くと、さらに踏み固められていく。この繰り返しで、道なき道は道になっていく。

次ページ「思考は、人間にしかできない営み」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。