自分の名前で食っていく「人類2.0」

藤原和博とスーパーIT灘高生が考える(下)

藤原 もはやTehu君には高校を卒業するとか、大学に入るとか、そういう普通の人が4月ごとにやるような時間感覚はなくて、しかも大学は4年である必要もないという感じがするんだけど。 

Tehu そうですね。もう人脈がかなりできているし、活動の舞台もあって、あとは東京に来ればオファー殺到みたいな感じになっていてですね、ありがたいことに。……すいません。(謙遜しながら)でお願いします(笑)。 

軸だけは失わないようにする 

藤原和博(ふじはら・かずひろ)
杉並区立和田中学校・前校長、教育改革実践家 1955年東京生まれ。78年東京大学経済学部卒業後、リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任後、93年より欧州駐在、96年同社フェローとなる。2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。08から11年、 橋下大阪府知事ならびに府教委の教育政策特別顧問。著書にベストセラーになった「人生の教科書」シリーズ(ちくま文庫)のほか、ビジネス系では『リクルー トという奇跡』(文春文庫)、教育系では『校長先生になろう!』(ちくま文庫)などがある。『坂の上の坂』(ポプラ社)は12万部を超えるベストセラーに。最新刊は『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』(東洋経済新報社)。

藤原 (笑)ずっと話を聞いていて、Tehu君はまずとにかく頭が圧倒的に良くて、ものすごく器用な人だと思いました。 

それで、これは本気で心配しているわけじゃないんだけど、ちょっとオジサンの心配ということで、ホント「そんなもん、いらねえよ」って感じだと思うんだけど、あえて言うとね、器用すぎてあれこれやって、それが全部できちゃうから、何やってんだかわかんなくなってしまわないかな、というのがある。 

たとえば、秋元さんはAKB48でどんといきましたよね。もちろん、それまでにもいろいろなプロデュースをしていますが、あれである種のお城を建てちゃった。その実績があれば、次にどんなことでも向かっていけるんだけど、Tehu君は何か核になるものがなくていいのか。それはこの先、10年ぐらいやって見つければいいのか。そういうことをオジサンが聞いたとしたら、どう答える? 

Tehu 一応軸はあります。それは「人の笑顔」という4文字です。ボクがやっていることは全部この軸に合わせてつくっているんですよ。代表作みたいなものはいつかどこかで出てくるだろうなと、わりと楽観的に考えていますね。ただ、その軸だけは失わないようにして、軸からはずれたことは絶対やらないです。

物語に共感してくれた人が買ってくれる

 藤原 Tehu君はいわゆるハードな商品開発には興味あるの? 

Tehu あります。ファブリケーションに興味があります。 

藤原 オレ、和田中の校長を辞めてから、腕時計のプロデュースをやっているんですよ。 

Tehu そうなんですか。

次ページ強いコンセプトをプレゼンすれば潜在顧客が集まる
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
米国で「電動スケーター」が沸騰

「電動キックスケーター」のシェアサービスが、渋滞解消への期待を集めている。 乗り捨て自由、GPS搭載だからアプリで場所がわかる。ウーバーがベンチャーに出資、投資熱も高い。