CGアニメ界の巨匠が語る"ハーロック"像

荒牧伸志監督に聞く

実写とCGの狭間

――荒牧監督がCGに魅せられる理由は?

基本的には、何も無いところから、CGですべての要素のものを一から作っていくわけですから、想像したものが何でも作れるということ。それからもうひとつ最後のレンダリングという作業がすごく面白いわけです。顔の表情や質感、ライティングといった画面の構成要素のデータをすべて組み合わせて、最終的にコンピューターでまとめる作業のことなんですが、パーツのひとつひとつは全部チェックしていて、最終的なものは想像しているはずなのに、一つの画面になった時には、なぜか思いもよらないものがポンと出てくる。期待した以上のものが出てきた瞬間は最高に気持ちがいい。それまでひとつずづ細かい作業を続けてきて、ずっと我慢していたものが、最後に爆発するような感覚というんですかね。そういった驚きや喜びというものは、何物にも替え難い。

――今後、実写に挑戦したい気持ちは?

たとえば今、『パシフィック・リム』といったハリウッドの超大作が公開されていますが、ああいったものは人間が出てくるところ以外は、おそらく7割ぐらいはCGですよ。極端な言い方になりますが、あれは完全にCG映画。そこに人間がはめ込まれているだけです。たとえば『アバター』だって、実は人間が出てくるところはそれほどない。それを何と呼ぶかということですよね。役者さんが出ていれば、実写ということになってしまう。その辺の境目はどんどんあいまいになってきています。だから僕は、基本的にはフルCGを作りつつも、そういった可能性も探ってみたいと思っています。

CGに対して、拒否反応とは言わないまでも、構えて観てしまう方は多いと思います。でもそれを何とかこちらに振り向かせるような作品にしてやろう。ここまでやれば、みんなも「いいね」と言ってくれるだろうと。そういった意気込みで取り組んでいます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT