安倍首相は小池代表と11月「電撃和解」する?

勝敗が見えた今「注目イベント」は総選挙後に

10月22日は総選挙の投票日だが、勝ち馬投票券も忘れちゃいけない。週末はクラシック3冠のうち、「真に強い馬が勝つ」といわれる菊花賞(10月22日、京都競馬場11R)。今年はダービーの1~3着馬が出走を回避してしまい、しかもこの週末は台風が日本列島直撃というわけで、まことに難解で、いかにも荒れそうなレースとなっている。

「3分で勝負がつく」菊花賞はサトノアーサー本命で

そこでどうするか。皐月賞馬アルアイン(クリストフ・ルメール騎手騎乗)、神戸新聞杯でダービー馬レイデオロに次ぐ2着だったキセキ(ミルコ・デムーロ騎手騎乗)といった人気どころは、順当には来ないと思うのだ。

筆者の投票先はサトノアーサー。この夏の馬体の充実ぶりがすばらしく、調教もよく、枠順もいい。きさらぎ賞で京都競馬場の重馬場を経験済み(2着)なのも買い材料だ。対抗にはミッキースワロー。セントライト記念の勝利は鮮やかだった。「菊は京都で関西馬」というのが毎度のお約束だが、関東馬にチャンスがあるとしたらこの馬だろう。

穴馬としては、11カ月ぶりに出走するブレスジャーニーが気になる存在だ。2歳時に3連勝し、骨折してレースから遠ざかっていたが、ぎりぎりで菊花賞に間に合った。ぶっつけ本番がG1レース芝3000mは冒険だが、これが来たらいきなりスター誕生である。

去年はサトノダイヤモンドが、一昨年はキタサンブラックが勝利して、スターホースの座をゲットした菊花賞。総選挙の開票速報は翌朝までかかるが、こちらは一瞬(3分ちょっと)で勝負がつく。「真に強い馬」を慎重に見定めたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT