日本人が知らない「ゴアテックス」強さの秘密

アイコン化した強い組織の研究<3>

WLゴアは革新的な大動脈用の移植皮片を開発した

結果が生み出す利益を共有する立場

ビル・ゴアは1986年に亡くなったが、目標は達成されたようだ。創業から50年以上が経っているが、同社にはいまだに官僚主義や支配層は見られない。たとえばリーダーは指名されるのではなく、ついていく人がある程度いれば、自然と立ち上がる。CEOであっても、例外ではない。「候補者のリストさえなかったわ。会社のなかで、誰でも好きな人を選んでよかったの」。同社のCEO、テリー・ケリーは言う。「まさか、自分が選ばれるとは思わなかった」。

このシステムは、非常にうまく機能しているようだ。組織が革新的かつ選択的であることにも役立っている。「何かをしようとするのに、一定の人たちを説得できないようなら、そもそも、そんなにいいアイデアではないのかもしれない」と、被膜の専門職のジョン・バチーノは言う。こうして同社には、一種の革新的な民主主義ができあがっている。ただし投票するのは専門知識を持つ人たちで、結果が生み出す利益を共有する立場にもある。

同社のもうひとつの特徴は、どの支社にも、200人以上は従業員がいないことだ。これ以上の人数になると、分割していく。ビル・ゴアはこういう言い方をしていた。「増殖するためには、分かれなければならない」。少人数でいることが、「彼らが決めた」という感覚を避け、「私たちが決めた」という感覚を保つ唯一の方法だと考えていたのだ。そうすれば、全員が責任感を持つ。

責任感の考え方は、財務管理にも適用され、従業員は同社の株を保有することになっている。数年が経つと全ての従業員――「アソシエイト」と呼ばれている――は給与の約10パーセントをゴアの株という形で受けとるようになるのだ。この制度は、はっきりと効果が現れているという。「計画について議論するとき、私たちはいつでも株主価値のことも話題にします」。従業員のジョン・ケネディは言う。

次ページ10パーセント・ルールの先駆け
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?