「現状維持」を掲げる会社が必ず崩壊するワケ

目標を「横ばい」とした途端に会社は終わる

そうなると、せっかく取引していたお客様も離れていってしまう。売り上げも落日のごとく落ちてくる。赤字に転落して社員の給料も待遇も下げざるをえない。活躍してくれていた優秀な社員が、辞めていくようになる。

辞めていくのは、真面目で優秀な人たちです。このような経営状況になると、優秀な社員から辞めていくのが普通です。優秀な人材は、他社でも有為な人材として喜んで迎えられるからです。ならば、彼・彼女に代わるべき優秀な人材を募集しようとしても、縮小している会社、雰囲気が悪い会社、給料が上がらない会社に応募してくるはずもありません。中途採用の人材が優秀でないとなれば、企業は人なりですから、ますます衰退の一途ということになります。

さらに、そのようになれば、もう、よい商品を作り続けることも、新しいサービスを充実させることにも目が回らなくなります。それだけでなく、金融機関も融資をためらうようになり、経営危機に陥ります。

成長することで優秀な人材が集まる

ですから、現状維持ではなく、年々高い目標を設定していく必要があるのです。それによって、社員も汗を流しながらやりがいをもって、やる気を出し、成果を挙げる。成果を挙げれば、それが自分たちの待遇改善として跳ね返ってくる。跳ね返ってくるから、ますますやりがいが出てくる。次々によい商品、よいサービスが生まれるようになる。

そうなればブランド力がつく。ブランドが確立すれば、優秀な人材がおのずと集まってくる。集まってくれば、経営者は、方針さえ明確に出しておけば、彼ら優秀な人材、社員たちが自主的に、積極的に「手柄」を立ててくれるようになる。そうなれば、経営者は社員の後ろに立ち、全体を俯瞰的に見ながら経営を展開していけばいいのです。

気分的な余裕もできますから、「次なる経営展開」の余裕も出てきます。当然、社員の待遇も改善できる。会社はおのずと活況を呈してくる。営業もやりやすくなる。営業マンも、営業が面白くて仕方がないということになります。

最近でもこのようなことがありました。約70年ほど続くある会社が、7年ほど前、それまでの成長発展戦略をやめて、「もうここらあたりでいいだろう。成長拡大ではなく、現状維持でいい。普通の会社になろう」と新社長が社員に指示したそうです。この「普通の会社宣言」で、社員はほっとすると同時に気が抜けた精神状態になったようです。新社長は、社員の懸命さを哀れと思ったのでしょうか。あるいは、やさしさ(?)を示すことによって、社員の心を引こうと思ったのでしょうか。

黒字であったその会社は、その直後にあっという間に赤字に転落。以降、回復するどころか、今日に至るまで衰退の一途。社員の給料は大幅に減額され、事業縮小のスパイラルは止まっていません。

繰り返しになりますが、「現状維持は、縮小衰退を意味すること」を、経営者も社員も心しておきましょう。昨年より今年、今年より来年というように、着実に量的、あるいは質的な成長をする目標を立て、それを明確にする必要があるのです。そのことが、社員のやりがい、社員のやる気を引き出す「源泉」であることを、経営者は、よくよく心にとどめておくべきではないかと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT