バルセロナ市民大慌て、「我々はスペインだ」

警察当局、「大規模デモに35万人参加」と発表

 10月8日、スペイン北東部カタルーニャ自治州の州都であるバルセロナで、カタルーニャのスペインからの独立に反対する大規模なデモが行われ、地元警察によると35万人が参加した(2017年 ロイター)

[バルセロナ 8日 ロイター] - スペイン北東部カタルーニャ自治州の州都であるバルセロナで8日、カタルーニャのスペインからの独立に反対する大規模なデモが行われ、地元警察によると35万人が参加した。

「カタルーニャはスペインだ」

参加者はスペイン国旗やカタルーニャ州旗を振ったり、「カタルーニャはスペインだ」、「一緒ならわれわれはより強くなる」と書かれた横断幕を掲げた。

カタルーニャ州自治政府は1日に行われた住民投票の最終結果を公表、スペインからの独立への賛成は90.18%となった。反対は7.83%だった。投票総数は230万人近くで、選挙登録人の43%程度だった。

反独立デモにはカタルーニャ州の住民だけでなく、スペインの他の地域の住民も参加。1カ月前には100万人が、独立を支持するデモをバルセロナで行っており、カタルーニャ州の独立の是非を巡り深刻な分裂状態に陥っていることが浮き彫りになった。

カタルーニャ自治州のプチデモン首相は10日午後6時(1600GMT=日本時間11日午前1時00分)に州議会で「現在の政治情勢」について演説する。独立宣言を議会に求めるのではないかとの憶測が出ている。

一方、スペインのラホイ首相は7日、カタルーニャ自治州が独立を宣言すれば、同州の自治権を停止するだけでなく、同州政府を排除し、新たな選挙を実施することも辞さないと述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT