オラクル会長が明かす「アマゾン迎撃」の秘策

世界初「自律型データベース」とは何か

巨人オラクルにも絶え間のない技術革新が求められている(記者撮影)

言うまでもなく、データベースはオラクルにとって市場で圧倒的なシェアを誇る「ドル箱」事業。その牙城にまで迫るAWSを、新製品である自律型データベースの投入で牽制したいという意図も見え隠れする。

「エリソン節」で会場を沸かせる

講演では何度もアマゾン製品に対する優位性を言葉で訴え、「アマゾンはオラクル(のデータベース)に昨年6000万ドル(約67億円)費やした最大の顧客の一つ」とのスライドも示したエリソン会長。

「アマゾンの(データベースの)半分以下のコストを保証する。契約書の中にそう書いてもいい」との冗談めかした発言も飛び出し、最後には自ら「オラクルのデータベースVSアマゾンのデータベース」の処理能力を比較するデモを行った。処理速度とコストの両方でアマゾンに上回ることを「実演」し、ガッツポーズまで披露。事前に多くの人が予想した「エリソン節」とはいえ、その姿に観衆は大きな盛り上がりを見せた。

ただ、「アマゾンも対抗策を取るのではないか」、「アマゾンとの比較のデモは詳細な前提条件がよくわからない」との冷静な見方ができるのも事実。はたして観衆を沸かせたエリソン節の通り、顧客企業にメリットをもたらすのか。それを証明するのは、2017年12月に発売が予定される自律型データベースの実力しかない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • イマドキのLINE事情
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。