大人が始める多肉植物プランテーション入門

自分だけの"小さなオアシス"はこう作ろう

川崎にあるソルソファーム

インテリア誌に載っている緑あふれるリビングに、ちょっとした憧れを抱く。でも、自分ごとにはならないと、そっとページを閉じていたけど……そろそろやってみてもいいんじゃないか? カッコいいプランテーションは、実はけっこう手軽に作れちゃったりするのだ。

……というわけで訪れたのが、川崎にあるソルソファーム。斜面に広がる一大プランテーションパークで、大小さまざまな植物を扱う。眺めているだけでも楽しい空間だ。

男性が育てやすいのは?

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

男性が育てやすいものについて尋ねたところ「多肉植物やサボテンは、男性からも人気がありますよ」と、マネージャーの諸岡和恵さん。さらにそれらを寄せ植えすると、自分だけのオリジナルな鉢植えが作れてしまうのだ。

「背の高いもの、その場で広がって育つもの、鉢の縁からこぼれるもの。この3つの要素をバランスよく組み合わせましょう。またフサフサのもの、トゲトゲのもの、ツヤツヤのものなど、質感の違うものを選ぶといいですよ」

そして案内してもらったのが、大小の多肉植物とサボテンがズラリと並ぶ温室。ここから好きなものをバイキングのようにチョイスするのだ。これは楽しい!

次ページ選んだのは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。