千葉県一宮で「波乗り」を始める人たちの素顔

どんな人がサーフィンを始めるのか?

街ぐるみでサーフライフを推奨する千葉県一宮町には、オッサングッドライフを楽しむヒントがある

オッサンになってサーフィンを始める人が増えている。まったくの初心者から、学生時代にちょろっとかじった程度の人が再び波の魅力にとりつかれる人も。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

どうしてそんなにサーフィンに引き寄せられるのか? 「いい歳」をしてサーフィンに興味を持つのは、ただモテたいとか格好いいとか、そういう表層的な動機であるはずがない。きっと、これからのオッサングッドライフを楽しむヒントがそこにあるはずだ。

日本有数のサーフポイント九十九里浜の最南端にある千葉県一宮町。街ぐるみでサーフライフを推奨するこの街で30年以上もサーフショップを営む店、CHP(カルホルニアハワイプロモーション)。ここで十数年サーフレッスンをレクチャーする岡野さんに「どんな人がサーフィンを始めるのか?」を聞いてみた。

彼が話してくれたのは「誰もが手に届く幸福」をしっかり手に入れた人々のグッドライフストーリーだった。

真のゆとりを手に入れた男たち

CHPのスクールには、まったくの初心者から、家族で体験サーフィンをしにくる人などさまざまな人が訪れる。その中でも最近多いのはカムバック組だ。学生の頃夢中になってやっていた人たちが、20年経って子供も大きくなって生活も落ち着いて「やっぱりサーフィンやりたい!」と一念発起してスクールを訪れる40代も多いという。

次ページ日の出とともに目覚め、日の入りとともに休息する
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。