「ザ・サークル」が投げかけるSNS社会の問題点

東洋経済オンライン読者限定試写会を開催!

エマ・ワトソンが主演の『ザ・サークル』は11月10日から全国公開。ネットとプライバシーとの関係に一石を投じる作品だ(東洋経済オンライン読者独占試写会への応募はこちら)  © 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

「インスタ映え」という言葉を耳にする機会も多い昨今。世間からの「いいね!」を得るために、自らの生活を超小型カメラで24時間映し出し、すべてを世間にさらけ出すとしたら――。

エマ・ワトソン×トム・ハンクスという豪華キャストで、SNS時代の光と闇に焦点を当てた映画『ザ・サークル』が11月10日より全国公開される。

すべての行動をSNSで見られているとしたら

10月26日(木)に読者限定試写会を開催します(上記バナーをクリックすると応募画面にジャンプします)

本作の舞台となるのは、世界ナンバーワンのシェアを誇る超巨大SNS企業「サークル」。同社が手掛けるのは、実名で登録すると、ワンアカウントでやりたいことが何でもできる、という総合ネットサービス。

このサービスでは会員同士がオープンにつながり、互いの体験をシェアすることを推奨している。その創始者であり、カリスマ経営者として名を馳せるベイリー(トム・ハンクス)が掲げる理想は、全人類が見聞きした美しい景色や、刺激的な体験を、SNSを通じてみんなで「シェア」すること。個人の情報すべてを何ひとつ隠すことなくオープンにする完全な社会だ。

自分の趣味から、銀行口座、マイナンバーに至るまで、個人の情報はすべてオンラインで処理されるようになっている。また、ツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどで、個人の情報がどんどんとオープンになってきている。どこかに旅行に行き、おいしいものを食べれば、その情報をタイムラインに「シェア」し、閲覧者からの「いいね!」をもらう。時には「インスタ映え」を求めて、あえて特別な場所に遊びに出掛け、「いいね!」をもらう。それによって行動範囲が広がって楽しく過ごし、かつ経済が活性化するのならば、それはそれでいいのではないか、という意見もあるだろう。

次ページ行動を24時間「シェア」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT