映画「ELLE」が描くパリマダムの強烈な日常

残酷な「弱肉強食」の世界を淡々と書いている

8月25日(金)より全国公開中の『エル ELLE』。ここには、日本人にはにわかには信じられないパリマダムの“日常茶飯事”が忠実に描かれています(写真:©2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINÉMA – ENTRE CHIEN ET LOUP)
“あのテーブルの若い男、さっきからこっちをチラチラ見ているの。きっと私に気があるに違いないわ”
――マリアンヌ69歳

 

今、日本でも話題になっているフランスのサスペンス映画『エル ELLE』(2016年)を見てきました。監督は、『氷の微笑』『ロボコップ』のポール・バーホーベン氏、主演は『ピアニスト』のイザベル・ユペール。

ちなみに、タイトルのELLEとは、英語でShe、日本語なら「彼女」という意味です。映画のキャッチフレーズにある「極上エロティックサスペンス」に興味をそそられたのか、館内は老若男女のカップルで満席でした。

ストーリーは、ゲーム会社のCEOを務めるミシェルが、一人暮らしの自宅で覆面の男に襲われるところから始まります。その後も続く、自分の生活リズムを把握しているかのような不審な出来事に、ミシェル自ら犯人を捜し始める――、というもの。フランス映画にしては、難解な哲学もなくわかりやすいストーリーです。

ヒロインを演じるのは64歳のイザベル・ユペール

ヒロインのミシェルを演じるイザベル・ユペールは、御年64歳。CEOとして社会的に自立している強く美しい女性を好演しています。フェースラインもボディもたるみはなく、とても還暦を過ぎているようには見えません。コーカサス人種ですと、エイジングはアジアより早く進みがちなものですが、目ジワもエロティック、さすが女優さんです。なお、この年代で襲われるというのも、フランスならではかもしれません。女性の魅力は――性的なものを含めて――年齢とはまったく関係ないのです。

ここで描かれているのは、パリのマダムのりのままな“生態系”なのです。

私が、執筆活動のフィールドを専門である美容分野からフランス人のライフスタイルへと転換したきっかけは、“パリマダ”こと『パリのマダムに生涯恋愛現役の秘訣を学ぶ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン社刊)の出版でした。その頃、読者からこんなふうに尋ねられたことを思い出します。

次ページ日本人が信じられない、パリマダムの「日常」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。