本屋は苦しい、だけど街の本屋を始めるワケ

アマゾン全盛時代の「本屋」の生き方<前編>

成毛:補足すると、取次不要論というものがあります。大手(書店)にはベストセラーがずらっと並んで、どこの本屋も同じじゃないかと。本は年間8万点、1日に270冊出ていますから、新刊すべて見通すのは不可能に近い。書店数が減ったとはいえ1万4000軒です。出版社は3500社ある。それだけの組み合わせをどうするか? 現実に8万点の書籍をわかっている人はほとんどいませんから、コンピュータを使ってパターン配本にならざるをえません。水代さんのところもパターン配本ではないですよね。

水代:今回は1冊ずつ自分で選んでます。最初なんで、ジャンルも切り口も編集もせずに自分が読みたい本、好きな本だけ並べたらどうなるかなというところから始めました。変えていきたいとは思っていますが。

3つの扉がきれいな店ははやる

成毛:イベントはやるんですか?

会場には「本好き」がたくさん集まった(編集部撮影)

水代:はい。Hama-Houseさんという、店名と同姓同名のイラストレーターの方の個展をやります。そのほかにもイベントを連続的に行っていきます。

カフェ自体は本職で20年くらいやっていますが、昔は勝ったり負けたりの繰り返しでした。

あるとき、負けパターンは2つしかないと気づきました。メンテナンスとコミュニケーションの問題です。簡単にいうと、お店の3つの扉、つまり冷蔵庫・入り口・トイレがめちゃくちゃきれいで、早番遅番、キッチン、ホール、ギャルソンがみんな同じ方向を向いていることが大事です。この状態が続いていれば負けはないという実感があります。

僕も多いときには年間140本くらいの体験型のイベントをやりましたが、いちばん必要なのはハプニング。自分が想像しない角度からの出会いだと。そのときに、おカネがいらなくて、遊びに来る方法はないかなと? カフェだとコーヒーを頼まないでいたら感じ悪いですが、本屋ならばそうではない。ゆっくりごろごろできるので、より面白い出会いが起こるのではないかという仮説に基づいて本屋を立ち上げました。

(構成:高杉公秀)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。