33歳コワモテ力士の目を覚まさせた妻の叱咤

相撲界の壊し屋・松鳳山が直面した引退危機

「関取になると幕下の方から『神様』みたいな存在になってしまうので、注意できる存在が唯一妻の私かなと…」(あいさん)

相撲界一のコワモテ夫も、家庭ではちょっと肩身が狭そうな様子。そんな妻・あいさんを夫・松鳳山本人はどう思っているのか聞いてみると…

「奥さんがいなかったら、またこうやって相撲を取ってなかったかもしれないですね」(松鳳山)

実は松鳳山裕也には、引退を考えるほど奈落の底に突き落とされた過去がある。

あいさんが、のちの夫・松鳳山に出会ったのは6年前、25歳の時。当時、保母をしていたあいさんは、同部屋の力士と交際していた友人に誘われ、稽古を見に行ったのがはじまりだった。

その友人カップルとあいさん、松鳳山の4人で食事会へ。すると、松鳳山とあいさんは同じ福岡出身だったと知り、すっかり意気投合。ここから松鳳山の猛烈アプローチが始まり、出会って1カ月後に交際がスタートする。

この時、松鳳山は28歳。「次にお付き合いする女性と結婚を…」と考えていた。順調にお付き合いを続けること半年。「結婚しよう」と松鳳山がプロポーズ。しかし、あいさんの口から出た言葉は…

「三役にならないと結婚はしない」

「結婚はしないよ。三役にならないと。結婚は絶対にしない」(あいさん)

三役とは横綱に次ぐ大関・関脇・小結の位につく力士のことで、およそ700人いる力士のうち、わずか10人程度。この時、松鳳山は十両からようやく幕内に定着した頃だった。並大抵のことではないのだが、当時のあいさんは…     

運命的な出会いを経てプロポーズした松鳳山裕也だったが……。『お相撲さんと結婚したら人生劇変SP』(TBSテレビ系)は9月25日(月)夜7時から放送です

「とにかく彼が『三役!三役!』って言っていたので、それを達成させてからでいいんじゃないかなと思って。その時は簡単になれるものだと思っていました」(あいさん)

元来、強気な性格のあいさんはハッパをかけるつもりでプロポーズを保留。すると、この言葉を真に受けた松鳳山は「三役に上がって結婚したい」という想いを胸に快進撃する。あれよ、あれよと番付を上げていき、2012年九州場所で10勝5敗。自身初となる敢闘賞を受賞。プロポーズからわずか半年、2013年1月場所で見事三役である小結に昇進した。

次ページそして2人は結婚・・・だが、思いもよらぬ展開に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT