新型フィット、ホンダが経営もモデルチェンジ 「北米頼み」からの転換

拡大
縮小

固定費も回収していく局面に

ホンダは17年3月期に四輪車の年間販売台数を600万台以上に引き上げる目標を掲げており、各地で増産に向けた投資を進めている。14年にメキシコ、15年にはタイの工場を稼働させるほか、インドネシア、インドなどでも生産能力の増強を計画。その大半が「フィット」シリーズを中心とした小型車の増産にあてられる見通しだ。

ホンダは近年の生産能力増強が固定費の増加につながり、収益が伸び悩む要因となっていたが、クレディ・スイス証券の自動車担当アナリスト、高橋一生氏は、新型「フィット」シリーズの投入を皮切りに「固定費を回収していくフェーズに入る」と指摘。業績拡大に期待を示す。

商品力の向上により、「フィット」シリーズの販売を拡大していく考え。小型車のカテゴリーは、全世界の自動車メーカーがしのぎを削る。ホンダは、そこで勝ち抜くことで自動車メーカーとしての真の実力を示そうとしている。

(杉山健太郎 ;編集 北松克朗)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT