ロヒンギャ支援依頼に、トランプ氏は無反応

「米国の支援期待せず」バングラデシュ首相

 9月18日、バングラデシュのハシナ首相(写真)は、ミャンマーから流入しているロヒンギャ難民の問題についてトランプ米大統領に訴えたが反応はなく、米国の支援は期待していないと明らかにした。写真はニューヨークで撮影(2017年 ロイター/Stephanie Keith)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - バングラデシュのハシナ首相は18日、ミャンマーから流入しているロヒンギャ難民の問題についてトランプ米大統領に訴えたが反応はなく、米国の支援は期待していないと明らかにした。ロイターのインタビューで述べた。

ハシナ氏によると、トランプ氏が主催した国連改革に関する会合の後、同氏を呼び止め数分間話をした。

米国に援助を求めても無駄

トランプ氏がバングラデシュの状況はどうかと尋ねたため、「とても良いが、ミャンマーからの難民が唯一の問題だと答えたが、大統領は難民について何もコメントしなかった」という。

ハシナ氏は「米国は難民を受け入れないと既に明言している」として、ロヒンギャ難民問題で米国に援助を求めても無駄との考えを示した。

その上で「バングラデシュは裕福な国ではない。だが1億6000万人を養えるのなら、500人増えても70万人増えてもなんとかできる」と語った。

ハシナ氏は21日に国連総会で演説する。

ホワイトハウス高官はトランプ氏とハシナ氏のやり取りについては承知していないとした上で、トランプ氏はこの問題に大きな関心を持っており、「取り上げられれば当然関与する」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT