省エネを超える「無エネ」ビルは普及するのか

大林組や大成建設が進める次世代ビルの全貌

大林組技術研究所本館テクノステーションの内部。壁や天井から自然光を最大限取り入れ、蛍光灯を使わずとも仕事に支障をきたさない明るさを確保できる(写真:大林組)

近い将来、省エネルギーを超えた「無エネルギー」が当たり前になる時代が来るのだろうか。

大手ゼネコンの間で、「ゼロエネルギービル」(Zero Energy Building、以下ZEB)の開発が盛んになっている。

エネルギー収支がトータルでゼロ

技術研究所の空撮写真。屋上に見える黒い物体はすべて太陽光パネルで、一般家庭の屋根に換算しておよそ200軒分の発電量を誇る(写真:大林組)

ゼロエネとは、従来の省エネ技術を活用して、空調や照明、OA機器などの消費電力を削減。

さらに屋上に設置したソーラーパネルなどの再生エネルギーで必要な電力を賄い、使うエネルギーと生み出すエネルギーを相殺し、エネルギー収支をゼロにする取り組みを指す。

国土交通省によれば、国内での電力の3分の1は住宅やオフィス、商業施設といった建築物で消費される。そのため、地球温暖化対策の観点からも、ビルのZEB化は急務となっている。

ZEBが注目されたきっかけは、2008年7月に開催された北海道・洞爺湖サミットだった。

国際エネルギー機関(IEA)がG8各国に向けてZEBの普及に取り組むよう勧告。諸外国が新築の建築物への省エネ証明書の表示を義務付ける中、日本においても2014年4月に閣議決定されたエネルギー基本計画にて、2020年から新築の公共建築物を、さらに2030年からは民間を含めたすべての新築建築物をZEBにするという目標が掲げられた。

経済産業省の定義に倣えば、ZEBには省エネ度合いに応じて3段階存在する。一般的な構造のビルと比較して、電気やガスなどのエネルギー消費量を50%以上削減したビルは「ZEB Ready(ゼブレディ)」になる。

これに加えて太陽光発電などで生み出した電力と相殺し75%以上削減したビルは「Nearly ZEB(ニアリーゼブ)」、そして生み出す電力が使う電力を上回りエネルギー収支ゼロを達成したビルは、晴れて「ZEB」と呼ばれるのだ。

次ページZEB認定ビルはたった7件
人気記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。