大量の汗!楽しくてクセになるスパイス入門

味を調えるだけでなく体調を整える効果も

8月某日、とあるイベントでワークショップの講師を務める高木さん

食料品店にひっそりと存在する、色鮮やかな小瓶が並ぶ一角。それはスパイスコーナー。味や効能を考えながら調合する行為は、工作をしているようでもあり、男心をくすぐるといえるだろう。

スパイスの魅力

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

そんな世界に魅せられた男のひとりが、東京マサラボーイズとして活躍する高木慎太郎さん。平日は会社員だが、週末はレセプションやイベントでスパイスカレーを振舞うスペシャリスト。そんな彼にスパイスの魅力について教えてもらった。

「もともと、料理を作るのが趣味だったんですが、ある暑い夏の日、無性に辛いものが食べたくなって。レシピサイトで調べて、専門店でスパイスを買い込んでカレーを作ったんです。ただ、レシピの分量を間違えたのか激辛のカレーになっちゃって。でもそれが異様に美味かった。スポーツしたような大量の汗をかきながらかきこみましたよ」

高木さんが作ったスパイスチキンカレー。見た目も香りも食欲をそそる
次ページ南インド料理とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT