「コンビニおでん」を毎年真夏に売り出すワケ

じわり縮小するおでん市場、各社の工夫とは

ファミリーマートは8月22日から、今シーズンのおでんの販売を始める(記者撮影)

「おでんや中華まんは、冷夏といえる今の状況が追い風になるだろう」。ファミリーマート商品本部の島田奈奈・ファストフーズ部長はそう語る。

8月に入り、コンビニエンスストア各社が今シーズンのおでんの本格展開を始めている。8月8日に販売を開始したローソンを皮切りに、15日にはセブン-イレブン・ジャパンが、22日にはファミリーマートがおでんを発売する。例年、コンビニでは真夏の8月におでんを売り始め、翌年春まで店頭のレジ横に並ぶ。

実は、コンビニのおでんが最も売れるのは9月~11月だ。”冬の定番”といえるおでんなら、最も寒くなる年末年始から2月ごろにかけて売れると思えるが、実際には秋口に販売のピークを迎える。

急に寒くなったら、おでんが売れる

ファミマなどコンビニ各社は、飽和気味のおでん市場でもオリジナルの新商品で勝負(記者撮影)

この時期は「少し肌寒くなった」などと感じる季節の変わり目だ。急な体感温度の変化によって、消費者の手がおでんに伸びるのだという。実際、こうした消費者動向を反映する形で、コンビニ各社は毎年8月には商品を投入し、9月以降はテレビCMを放映するなどの積極的な販促に打って出るケースが多い。

だが、近年はコンビニおでんの市場そのものが伸び悩む。ファミマの調査によれば、2016年度のコンビニおでんの市場は413億円と前年比で66億円減少。「お鍋と言っても、(キムチ鍋や豆乳鍋など)鍋の味の種類が増えたり、野菜を食べたいというニーズが増えてきているため」と島田部長は分析する。

そこでファミマは2つの挽回策を講じる。一つ目は、効果的な割引販促の実施だ。例年、コンビニ各社は「70円セール」と銘打ったおでんの割引セールを実施する(通常は100円前後)。ファミマの場合、昨年は年間で合わせて約10日間、70円セールなどの割引キャンペーンを行った。

次ページ今年の販促策は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
  • 就職四季報プラスワン
  • シリコンバレー起業日記
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先端医療ベンチャー<br>バイオ・AIが巻き起こす長寿革命

GAFAなどのIT大手や名だたる世界の投資家たちが今、医療ベンチャーに熱い視線を送っている。投資額は約1.7兆円、10年で7倍近くに膨らんだ。ゲノム、AIとの融合、異端技術による創薬、不老長寿研究……。次世代医療の覇者は誰か。