景気底打ち?中国の経済運営は変わったのか

景気・経済観測(中国)

今年に入り、中国経済は減速基調をたどってきた。実質GDP成長率は2012年10~12月期に前年同期比プラス7.9%と、いったん上昇したものの、その後再び低下し、2013年4~6月期には同プラス7.5%に落ちている。6月には、銀行間取引市場における短期金利高騰に象徴される金融の混乱も生じ、中国経済の腰折れ懸念が強まった。

しかし足元、中国経済の腰折れリスクがひとまず遠のいたとの見方も出てきている。最近発表された主要経済指標で、下げ止まりをみせる指標が多くみられたからである。

景気指標は底打ち、改善を示す

たとえば、7月の工業付加価値生産額の実質伸び率が3カ月ぶりに上昇し、前年同期比プラス9.7%となった(6月は同プラス8.9%)。また、輸出額、輸入額ともに、7月に伸びがプラスに転じている(名目米ドル建て、それぞれ7月は同プラス5.1%、プラス10.8%)。固定資産投資の名目伸び率も5カ月ぶりに上昇に転じた(6月の同プラス19.3%から7月にはプラス20.1%に、みずほ総合研究所推計)。

次ページ貸出金利の下限撤廃の目的
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT