日本人よ、「観光先進国・タイ」から謙虚に学べ

「物価が安い」のに大金を使わせる工夫とは

物価が安いにもかかわらず、欧州からの観光客は日本よりもタイにたくさんのおカネを落とすという(写真:SantiPhoto / PIXTA)
『新・観光立国論』が6万部のベストセラーとなり、山本七平賞も受賞したデービッド・アトキンソン氏。
安倍晋三首相肝いりの「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」委員や「日本政府観光局」特別顧問としても活躍している彼が、渾身のデータ分析と現場での実践とを基に著した『世界一訪れたい日本のつくりかた』は、発売1カ月で2万部を超えるベストセラーとなっている。
本連載では、訪日観光客が2400万人を超え、新たなフェーズに入りつつある日本の観光をさらに発展させ、「本当の観光大国」の仲間入りを果たすために必要な取り組みをご紹介していく。

 

『世界一訪れたい日本のつくりかた』は2万部を超えるベストセラーとなっている(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

今月、国連観光機関(UNWTO)が発行している「UNWTO Tourism Highlights, 2017 Edition」が発表されました。

これは世界中の「観光」にまつわるデータブックです。客観的な視点から、世界の観光産業のトレンドと、日本の「観光」が世界の中でどのような位置にあるのかを知ることができます。

この連載では、人口減少社会を迎えた日本において「観光」は大きなポテンシャルを秘めた「希望の産業」たりうるということを指摘させていただいてきました。

今回はこの「UNWTO Tourism Highlights, 2017 Edition」のデータから、日本がこれから観光戦略を進めていくうえで「お手本」になる国はどこかを考えていきたいと思います。

次ページ日本人が謙虚に学ぶべきは「アジアのあの国」だ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。