「若者のフィットネス離れ」は、こう攻略せよ

サーフィンやVRなど、エクササイズに新潮流

体格や負荷のかけ方にもよるが、40分で約700キロカロリーを消費できる。ハードに見えるエクササイズだが、「余裕があればギアを1個上げて! きつければ軽くしてもOK!」という指示が出るように、ペダルの重さは適宜調節できるので心配はいらない。

いかにもサイバーな空間を走るシーンもある(写真:ルネサンス)

このサイクルプログラムによく参加するという30代の女性会員は「ステージによって映像も違うので、40分間飽きがこない。持久力が付き疲れにくくなった」と語る。

価格は月額1万3500円(税抜き)からと決して安くはないが、20~30代の男女を中心に会員数は伸び続け、開業約4カ月で800人程度に達している。ルネサンスの荻田雅彦・新業態推進部部長は「投資対効果という意味では大型スポーツクラブを作る以上の効果があった」と話す。

若年層をどう開拓するかが業界の課題

日本のフィットネスクラブ市場規模は緩やかに拡大している。日本生産性本部が発行する「レジャー白書2017」によれば、2016年は4480億円と過去最高だった。それでも各社が若年層に向けた新業態の開発を進める背景には、将来に対する危機感がある。

それは、市場拡大を下支えするのは中高年層だからだ。「健康意識の高い高齢者が、フィットネスを継続していることが大きい」(専門誌『フィットネスビジネス』の古屋武範編集長)。大手のルネサンスでも2013年3月期に43%だった50代以上のフィットネス会員の割合は、2017年3月期に50%まで上がっている。

それでも、日本のフィットネス参加率は3.3%(2015年、フィットネスビジネス調べ)と、17.3%の米国などと比べると低い。「これまでフィットネスをしなかった人たちにアプローチできる業態を開発し、参加率を底上げする余地がある」(ルネサンスの荻田部長)のだ。

フィットネスクラブ数自体は、パーソナルジムや小型のスポーツクラブなどを中心に増加傾向にある。中心に若年層に飽きずに長く通ってもらう業態・サービスを開発することが、フィットネス業界を勝ち抜くカギとなりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT