「若者のフィットネス離れ」は、こう攻略せよ

サーフィンやVRなど、エクササイズに新潮流

体格や負荷のかけ方にもよるが、40分で約700キロカロリーを消費できる。ハードに見えるエクササイズだが、「余裕があればギアを1個上げて! きつければ軽くしてもOK!」という指示が出るように、ペダルの重さは適宜調節できるので心配はいらない。

いかにもサイバーな空間を走るシーンもある(写真:ルネサンス)

このサイクルプログラムによく参加するという30代の女性会員は「ステージによって映像も違うので、40分間飽きがこない。持久力が付き疲れにくくなった」と語る。

価格は月額1万3500円(税抜き)からと決して安くはないが、20~30代の男女を中心に会員数は伸び続け、開業約4カ月で800人程度に達している。ルネサンスの荻田雅彦・新業態推進部部長は「投資対効果という意味では大型スポーツクラブを作る以上の効果があった」と話す。

若年層をどう開拓するかが業界の課題

日本のフィットネスクラブ市場規模は緩やかに拡大している。日本生産性本部が発行する「レジャー白書2017」によれば、2016年は4480億円と過去最高だった。それでも各社が若年層に向けた新業態の開発を進める背景には、将来に対する危機感がある。

それは、市場拡大を下支えするのは中高年層だからだ。「健康意識の高い高齢者が、フィットネスを継続していることが大きい」(専門誌『フィットネスビジネス』の古屋武範編集長)。大手のルネサンスでも2013年3月期に43%だった50代以上のフィットネス会員の割合は、2017年3月期に50%まで上がっている。

それでも、日本のフィットネス参加率は3.3%(2015年、フィットネスビジネス調べ)と、17.3%の米国などと比べると低い。「これまでフィットネスをしなかった人たちにアプローチできる業態を開発し、参加率を底上げする余地がある」(ルネサンスの荻田部長)のだ。

フィットネスクラブ数自体は、パーソナルジムや小型のスポーツクラブなどを中心に増加傾向にある。中心に若年層に飽きずに長く通ってもらう業態・サービスを開発することが、フィットネス業界を勝ち抜くカギとなりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。