「若者のフィットネス離れ」は、こう攻略せよ

サーフィンやVRなど、エクササイズに新潮流

Surf Fit Studio 銀座本店はホットヨガスタジオ「ロイブ」を展開するLIFE CREATEが新規事業として立ち上げたものだ。サーフエクササイズ自体は、札幌、金沢、仙台、岡山のロイブでも受講できるほか、プログラムの外販も行っている。今後は大手フィットネスクラブでも導入が予定されている。サーフエクササイズを楽しめる場所はさらに広がりそうだ。

一方、今話題のVR(仮想現実)を取り入れたトレーニングを提供するのは、六本木にあるパーソナルジム「THE BODY RIDE」。多くの客の目的は「イカロス」と呼ばれるVRフィットネスマシンだ。

独ミュンヘンのベンチャー企業が開発したマシンで、VRゴーグルを装着してマシンに乗り、バランスを取りながら体幹を鍛えるものだ。空を飛ぶ映像の中で、次々に出現する輪を、マシンを傾けることによってくぐり抜けるゲームなどが体験できる。

VRゴーグルを装着しマシンに乗る。映像に出てくくる輪をくぐっていくゲームを楽しめる。見た目よりもハードなエクササイズだった(撮影:梅谷秀司)

実際に体験してみた。手元のボタンでスピードを調節しながら、体重移動でマシンを上下左右に傾ける。マシンを上に向けるときはお尻を高く上げる。

思いのほか難しかったのがマシンの角度を下に向けるとき。上半身の全体の力を使ってマシンを押し込むのだが、体幹がしっかりしていないと難しい動きだ。同ジムで指導する宮島秀平トレーナーは「運動に慣れていない初心者はもちろん、リフレッシュ目的で楽しむ上級者もいる」と話す。

同ジムがイカロスを導入したのは2016年8月。日本で初めて導入した施設となった。「有名ジムとは違う何かが必要だと思い導入した。ゴーグルとマシンで100万円だったが、大きな反響を呼んだので安い投資だ」(宮島トレーナー)と効果は上々のようだ。

フィットネスバイクで街を疾走!

大手スポーツクラブも新感覚エクササイズに乗り出している。フィットネス大手・ルネサンスは今年3月、新業態の「サイクル&スタジオ アール」を渋谷にオープンしている。

自転車で外国の街中を駆け抜けるシーンもある。どんな映像のバージョンが流れるかは、当日にならないとわからないという(撮影:今井康一)

目玉は日本初上陸のVRサイクルプログラム「THE TRIP」。暗い照明のスタジオには47台のフィットネスバイクが並ぶ。スタジオ正面には巨大なスクリーンが設置され、街を疾走しているようなVR映像が流れる。映像を見ながらバイクをこぐことで、実際に街を自転車で走っているような感覚を味わえる。

映像の中の道が大きくカーブする場面では、「バイクが傾いているのではないか」と感じられるほどだった(実際には傾かない)。

上り坂が近づくと「ギアアップ! スタンドアップ!」とインストラクターの声が響く。参加者はギアを重く設定し、一斉に立ちこぎを始める。40分のプログラムでBGMが8~9曲かかり、シーンや曲に合わせてこぎ方が変わる。中には、上り坂を数十秒立ちこぎし、その後座ってこぐ、という流れを何回も繰り返す、ハードな内容も含まれている。

次ページフィットネスの裾野を拡大せよ!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。