「フランスの超天才」が予測する2030年の世界 ジャック・アタリ氏「国境はいずれなくなる」

拡大
縮小

セマンティックウェブにより、検索エンジンと自然言語で会話できるようになる。したがって、助言を与える必要のある職業(医師、教師、弁護士など)に就く者にとって、セマンティックウェブは極めて便利だ。

人工知能とセマンティックウェブを組み合わせると、自動翻訳機になる。自動翻訳機があれば、世界中の専門家の見解を知ることができるようになる。そうなれば国境はいずれ廃止されるだろう。

3Dバイオプリンタを使って人体パーツを製造

ロボット工学は、さまざまなテクノロジー(ナノテクノロジー、人工知能、エネルギー貯蔵)の進歩の恩恵を受ける。ロボット工学の認知、音声合成、直立歩行、手先の器用さ(モノを把握する能力)は、大幅に改良される。ロボット工学も生命を不死へと導く人間の人工物化を加速させる。

ナノテクノロジーはナノメートル単位の新たな素材を生み出す。軽量化および耐久性を高めるためにカーボンナノチューブを既存の素材に加えると、その特性は一変する(外装材、抗菌剤、自己修復機能をもつ繊維、汚染浄化システム)。ナノテクノロジーの炭素繊維を用いれば、粉塵の侵入をほぼ防げる作業服が誕生する。

ゲノミクス、遺伝子治療技術、バイオテクノロジーは、世界のGDPの2.7%を占める。細胞治療により、幹細胞を用いて生体組織や臓器を再生できるようになる。大量のクローン動物がつくられる。マンモスなどの絶滅動物やタスマニアタイガーなどの絶滅危惧動物がクローン技術によってよみがえるといったことが当たり前になる。クローン人間に関する研究が急速に進み、これも不死の追求につながる。

バイオテクノロジーによっても、エネルギー、素材、ゴミ処理などの新たな形態が誕生し、3Dバイオプリンタを使って人体パーツが製造されるようになる。

『2030年ジャック・アタリの未来予測 ―不確実な世の中をサバイブせよ!』(プレジデント社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

神経科学は飛躍的な発展を遂げる。特に、身体の肉体的作用からも影響を受ける学習メカニズム、記憶、集中力、瞑想などに関する理解が深まる。認知、意識、感情に関する神経メカニズムの解明が進む。

脳細胞のさまざまな種類が明らかになり、脳の病気(アルツハイマー型認知症や統合失調症など)の発症において、それらの細胞が担う役割が明らかになる。さまざまなスケールで脳神経回路の詳細図が出来上がる。

神経細胞の活動をモニタリングする技術が開発される。脳の動きと、振る舞い、感情、思考、自意識との関係が確立される。神経科学においても、自意識およびそれをクローンに移す可能性に関する詳細な知識が得られるため、不死への期待が高まるだろう。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT