台湾「大規模停電」騒動で経済閣僚が引責辞任

全世帯の約半数700万戸に影響

 8月15日、台湾で大規模な停電が発生した。写真は辞意を表明した李世光・経済部長、ハノイで5月撮影(2017年 ロイター/Kham)

[台北 15日 ロイター] - 台湾で15日午後、大規模な停電が発生した。公営の台湾電力によると、全世帯の約半数にあたる700万戸近くに影響が出た。地元メディアによると、16日までに電力は復旧した。

台湾電力などは、同社に燃料を供給している石油・ガス大手、台湾中油の従業員による人為的ミスが原因で、台湾北西部桃園市にある台湾電力の発電所で発電機6基が停止したと発表。台湾電力の広報担当者は、今回の停電は1999年の大地震以来の規模だったと述べた。

台湾当局の声明によると、李世光・経済部長(経済相に相当)は責任を取り辞意を表明。林全・行政院長(首相)は口頭でこれを受理した。

企業への影響は限定的

企業への影響は限定的とみられている。

台湾積体電路製造(TSMC)<2330.TW>と和碩聯合科技(ペガトロン)<4938.TW>は、操業は停電の影響を受けていないと明らかにした。

南茂科技(チップモス・テクノロジーズ)<8150.TW>は、停電による大きな影響はないとした。株式市場では、加権指数<.TWII>はほぼ横ばいで推移しているのに対し、南茂科技の株価は一時2%安。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT