台湾「大規模停電」騒動で経済閣僚が引責辞任

全世帯の約半数700万戸に影響

 8月15日、台湾で大規模な停電が発生した。写真は辞意を表明した李世光・経済部長、ハノイで5月撮影(2017年 ロイター/Kham)

[台北 15日 ロイター] - 台湾で15日午後、大規模な停電が発生した。公営の台湾電力によると、全世帯の約半数にあたる700万戸近くに影響が出た。地元メディアによると、16日までに電力は復旧した。

台湾電力などは、同社に燃料を供給している石油・ガス大手、台湾中油の従業員による人為的ミスが原因で、台湾北西部桃園市にある台湾電力の発電所で発電機6基が停止したと発表。台湾電力の広報担当者は、今回の停電は1999年の大地震以来の規模だったと述べた。

台湾当局の声明によると、李世光・経済部長(経済相に相当)は責任を取り辞意を表明。林全・行政院長(首相)は口頭でこれを受理した。

企業への影響は限定的

企業への影響は限定的とみられている。

台湾積体電路製造(TSMC)<2330.TW>と和碩聯合科技(ペガトロン)<4938.TW>は、操業は停電の影響を受けていないと明らかにした。

南茂科技(チップモス・テクノロジーズ)<8150.TW>は、停電による大きな影響はないとした。株式市場では、加権指数<.TWII>はほぼ横ばいで推移しているのに対し、南茂科技の株価は一時2%安。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT