知って得する「最新塗料」と「カンタン塗装術」

休日必修科目「DIY」の基礎を学ぶ

塗装は実は簡単? コツを石坂 健さんに教えてもらいます
カナヅチとノコギリを駆使し、家具を作り、自宅の内外装を補修! ――オッサンが目指すべき休日の、あるべき姿のひとつといえるのではなかろうか? DIYのスキルを身につけることは、たくましさと頼りがいを身につけることに他ならない。いざ、こだわりの工具を揃えて、休日必修科目を学んでみよう!

 

DIYのなかでも、塗装…と聞くと、ハードルの高さを覚える人も多いことだろう。飛び散らないように養生しながら扱う、繊細な化学薬品……しかし「実はすごく簡単なんですよ」と教えてくれたのが、石坂 健さん。空間デザインを手がけるMARU代表で、DIYの楽しさと奥深さを伝える伝道師だ。

バリエーション豊富な最新塗料の世界

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

「速乾性のものや、人体に影響の少ないものなど、今はいろんな塗料が出ていますから。コツさえ掴んでしまえば、誰でもできますよ。家の内装やインテリアを手軽にカスタムできるので、オススメです」

石坂さんによると、アイデア次第で活用できる面白い塗料も、ホームセンターに数多く並んでいるとか。「たとえば……」と紹介してくれたのが、木材などが鉄の質感に生まれ変わるアイアン塗料に、なんでも書けるチョークボード塗料。これらのスグレモノの実力を教わりながら、塗り方のポイントを教わってみよう!

次ページチョークボードペイントとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。