“ぶつからない車”、本格普及へ着々

「走る自転車」を検知する自動ブレーキも登場

アイサイトの停止イメージ

欧州の衝突安全性能試験「ユーロNCAP」では2014年から新たな評価項目として、自動緊急ブレーキが追加される。最高評価の5つ星を獲得するには同システムの搭載が前提となる。

ただ、自動ブレーキは現時点ではまだまだ高価。レーダーとカメラを組み合わせる複合システムは、オプション価格として20万~40万円程度。いずれかのみを使うシステムでも10万円ほどの価格設定となり、“値が張る”。本格的な普及にはまだ時間がかかる。

近い将来は「当たり前の光景」に

それでも量産効果が出てくればオプション価格も下がり、車種によっては標準装備化されてくるシナリオは十分ありうる。それこそ10年もすれば、新車に自動ブレーキが搭載されているのは、まったく珍しくない時代になっているだろう。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT