“ぶつからない車”、本格普及へ着々

「走る自転車」を検知する自動ブレーキも登場

人知を超えた判断と自動操作で衝突事故を防ぐ――。自動車メーカーが安全な車の究極の姿として目指す“ぶつからない車”の本格的な普及に向けた動きが、着々と進んでいる。国内外の主要メーカーが、戦略車を中心に続々と最新装備の搭載を始めているのだ。

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボは8月27日、「ボルボ60シリーズ」(S60、V60、XC60、=タイトル下写真=)などを改良し、2014年モデルとして発売した。2011年に発売を開始したスポーツセダンやワゴンなどで構成する車種で、今回はデザインが大幅に刷新された。価格は379万~559万円の設定となる。

走る自転車への後方追突を防ぐ

今回の改良による変更点の1つが、従来車種から採用してきた、歩行者を検知して自動ブレーキを作動させるシステムの進化。新たに「走行中の自転車」も検知できるようにした。大人用の自転車で地上70センチメートル以上の高さに反射板が装備されていることが条件となるが、車と同一方向に進む自転車を真後ろから検知して、衝突の危険を察知した場合に自動ブレーキが作動する。

メルセデス・ベンツの新型「Eクラス」のカブリオレ

こうした高度な自動ブレーキシステムは、高級車を中心に広がりつつある。ドイツの高級車大手メルセデス・ベンツも今年投入した新型「Eクラス」、11月に発売を開始する最高級モデルの新型「Sクラス」に安全運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」を導入。前方を横切るクルマや歩行者の飛び出しをとらえ、音で警告するとともに、ドライバーが警告に反応しなければ、自動緊急ブレーキをかけるといった機能などを備えた。

これはステレオカメラとミリ波レーダーを組み合わせて実現できる技術で、同様の装備はトヨタ自動車が高級車ブランド「レクサス」の最上級モデルの「レクサスLS」に、昨年(2012年)10月からオプション設定している。

次ページ大衆車にも広がりつつある
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT