ベンツ「Eクラス」が示す、少し先のクルマ

新型クーペ&カブリオレも登場、最先端技術が満載

新型「Eクラス」のカブリオレモデル

自動車の未来は、高級車や高性能スポーツカーが切り開いていく。自動車業界では先進的な技術や装備はまず、各社の高級モデルや戦略車に搭載され、徐々に採用車種を広げていくという鉄則があるからだ。

高級車メーカーの代表的存在であるメルセデス・ベンツの「新型Eクラス」シリーズも、そんな“少し先のクルマ”の姿を、先んじて実現しているクルマの一つである。

メルセデス・ベンツ日本は8月5日、大幅な改良を施して日本に投入した「新型Eクラス」の派生モデルとして、「クーペ」と「カブリオレ」を新たに追加、正規販売店を通じて日本での販売を始めたと発表した。クーペとは2ドアタイプ、カブリオレは2ドアで4シーターオープンカータイプの車種である。

エンジン、装備など2000カ所以上を変更

いずれも、先行投入したセダン(4ドア)、ステーションワゴン(5ドア)と同様に、内外装のデザインを刷新するとともに、エンジン、装備など2000カ所以上に及ぶ変更を従来モデルに加えた。エンジンは排気量2000ccターボ、3500cc、4700ccツインターボ(クーペのみ)の3種類がある。

「新型Eクラスには、メルセデスの最新技術が詰まっている」。同日、東京・六本木の「メルセデス・ベンツ・コネクション」で、新型Eクラス・クーペ/カブリオレの発表会に臨んだメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は強調した。

次ページ価格は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT