欧州車の興隆、アメ車の黄昏

そしてビッグ3は日本を“スルー”する

米ビッグスリーは2007年の東京モーターショー以来、参加を見送っている(写真は07年にフォードが出展したスポーツカー「マスタング」)

米国自動車メーカーの巨人、ゼネラル・モーターズ(GM)の“復活”が鮮明になっている。

2009年6月に経営破綻に追い込まれたGMは、米国政府の支援を受けて経営再建に着手。その後、順調に回復を遂げ12年には928万台(前年比2.9%増)の世界販売を達成した。破綻直後の09年(747万台)と比べて、2割以上の伸びを見せている。

米国の回復に新興国での成長が重なる

GMが息を吹き返したのは、米国市場の回復に加え、中国やブラジルなど新興国での販売が好調に推移しているという側面がある。

ところが、ここ日本での風景はまったく異なる。

GMは、この秋に日本で開催される「第43回東京モーターショー2013」への出展を見送る。GMだけではない。「ビッグスリー(ビッグ3)」として世界に君臨する米国3大自動車メーカーでGMと並ぶフォード、クライスラーも同様だ。リーマンショック後の09年、11年も含めて、ビッグ3は東京モーターショーに3回連続での不参加となる。

ピークはとうに過ぎているとはいえ、それでも日本は中国、米国に次ぐ世界3位の巨大な自動車市場だ。日本ではGMやフォード、クライスラーは「アメ車」と呼ばれて、親しまれている。その日本で、ブランドをアピールする絶好の機会である東京モーターショーをビッグ3は“スルー”する。

理由は明快だ。日本市場を軽視しているのではない。参加してもうまみが小さいのだ。

次ページ日本におけるアメ車のシェアは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT