欧州車の興隆、アメ車の黄昏

そしてビッグ3は日本を“スルー”する

米国車には日本で受け入れられる「エコ」という要素を満たした車がほとんどない。「1970年代までは輸入車のなかでは米国車が主流だったが、80年代以降は欧州車が覇権を握り続けている」(日本自動車輸入車組合)。

車格が大きく、小型車人気の高い日本では需要が限られる。また燃費性能も日系車や欧州車に比べ劣っていることもマイナスだ。エコカー減税対象車が充実しているわけでもない。そして、アメ車には高級車としてベンツやBMWのようなブランドイメージが定着していない。

ビッグ3にとって日本は特殊な市場

察するにビッグ3からすれば、日本は特殊な市場であって、そこで販売台数を稼ぐという考えは毛頭ないのだろう。昨年はエコカー補助金の効果もあり537万台の新車が売れたが日本市場だが、自動車分野の専門とするアナリストの大半は、「10年後には400万~500万台の市場になる」と予測している。

とすれば、わざわざ市場が縮小する日本市場に専用車を開発して投入するよりは、需要がのびる新興国で強みのピックアップトラックやSUV(スポーツ多目的車)を展開していったほうが、ビッグ3にとっては得策といえよう。日本における“アメ車”の黄昏は当分、続いていきそうだ。

(撮影:今井 康一)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT