北朝鮮が「米国本土」を攻撃できない根本理由 金正恩の「脅し」に恐れる必要はない

拡大
縮小
北朝鮮の「脅し」はどこまで本気なのだろうか(写真:KCNA/via ロイター)

われわれは北朝鮮によるミサイル実験を正しい角度から見直す必要がある。確かに、懸念すべき問題ではある。しかし米国本土には差し迫った危険はない。

緊張が高まっている時期に、私は2度北朝鮮を訪問した。北朝鮮が核兵器実験を行い、それに対する制裁措置がとられた2013年春と、再び同じことが繰り返された2016年春に、北朝鮮の人々を訓練する、ある非営利団体の一員として私はそこにいた。

私は2度とも北朝鮮の人々が「もうたくさんだ、もうこんなことはさっさと終わらせてしまおう」と口にするのを聞いた。こんな痛ましい言葉は、北朝鮮政府がいかにうまく自国民を争いへと仕向けてきたかを反映している。

韓国人がテレビを囲んでいる写真は…

朝鮮半島でこれまで起きたささいな危機のときも、私は韓国にいたが、ものすごい「緊張感」を感じたことはない。韓国の人々がテレビに群がり、最新のミサイル発射や核実験に関するニュースを観ている写真を知っている人も多いだろう。

あの写真はほとんどソウル駅で撮影されているのだが、集まっている人は誰ひとり熱狂もしていなければ、緊張もしていない。というか、彼らはただ列車を待っているだけだ。サッカーの試合が放映されていれば、彼らはテレビに群がって視聴するだろう(そこにははるかに多くの人が集まるはずだ)。

しかし、そういったたぐいの映像が米国人の神経をとがらせているのだ。7月4日に北朝鮮は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の実験を行った。専門家によると、ミサイルはアラスカ、あるいはハワイにまで届くとのことである。3週間後、北朝鮮政府はミサイル実験を再び行った。さらに距離を伸ばし、米国本土の大部分を射程距離の範囲内とした。明らかに北朝鮮は核兵器を用いて米国を攻撃する技術を手にするところまで来ている。

それゆえ私は、ロサンゼルスに住んでいる人たちが「金正恩はロサンゼルスを核攻撃しようとしているの? どうなの?」と絶えず聞いてくるのも当然だと思う。

次ページ北朝鮮の挑発の目的は?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT