脱・化学洗剤!新世代の“ケンカの売り方”

大手が陣取る日用品市場で奮闘する、若き起業家

こうして最初の4製品ができた。そうして、洗剤業界にも小売業界にも何のコネもない2人は、地元の独立系スーパーに掛け合って、製品を売ってもらった。

見た目もスタイリッシュな、メソッド社の洗剤(同社HPより)

よく売れたのは、きゅうりの香りのするバスルーム用の掃除洗剤やミントの香りの皿洗い用洗剤。数時間のうちに製品はどんどん棚からなくなっていた。製品を買った消費者からは、「こういうものが欲しかった」という電話やメールが入る。そうして、しばらく後に大手デパートのチェーンで製品が売られるようになって、メソッドは全国的なブランドになったのである。

現在、メソッドには60を超える製品がある。ピンクグレープフルーツの香りのシリーズもあれば、海辺のセージの香りがするハンドソープもある。香りもすべて自然のものだ。バスルーム洗剤も数種類そろい、ボディ用石けんもできた。シーズンごとに売り出される限定商品もある。最近のヒットは、通常の4分の1、たった12ミリリットルで1回分の洗濯ができる洗濯機用洗剤だ。

「奇妙なことは、神々しさの次に大切」

門外漢として業界の常識を覆し、数々のイノベーティブ企業賞を受けたメソッドには、自分たちの製品作りや会社の文化について、合言葉のようないくつかの決まりがある。

たとえば、「奇妙であることは、神々しさの次に大切」。これまでの方法、よくあるやり方をそのままやるのではなくて、ヘンなこと考えついてみようということだ。

「失敗は、そこから学ぶことができる、ちょっとした混乱のこと」や「頭を使って、巨大企業の足の間をすり抜けよう」というのもある。要は、慣習を破り、迅速に行動し、人間にとってよりいいものを実現しようというわけだ。

メソッドは、今年ベルギーの大手自然洗剤会社であるエコーバーに買収された。巨大企業の洗剤メーカーが大量生産態勢を敷いて安価に効率的に製品作りをする中、世界にインパクトを与えるためには、志を同じくする企業と組むのが最良と考えた結果という。メソッドのブランドはこれからも続き、今後はアジアにも進出する予定だ。

古い既存の業界に挑んだ2人。時代の波をつかむには、果敢な思考と行動こそが必要だという教訓だ。


 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT