平壌では1人で携帯2台へ、端末狙う窃盗犯も

北朝鮮の最新携帯電話事情

国際的には「閉鎖国家」のイメージが強い北朝鮮で、これほどの携帯電話の普及が国家機密の漏洩などの面で心配しないのかと思いがちだ。実際に最近、日本の一部メディアが「米国内による国家転覆の手段になっているとして、規制を強化した」との内部文書を入手したと発表。「やはり北朝鮮はそうなのか」という声が北朝鮮ウオッチャーの間で広まった。

ところがその数日後、北朝鮮国営の朝鮮中央通信が「金正恩第1書記が(携帯電話を製造する)5月11日工場を視察した」とのニュースを写真付きで報道。さらに金第1書記が「携帯電話の需要が増えているとの報告を受けている。人民たちが好んで使っていることは私もうれしいと発言した」と付け加えている。

金正恩第1書記「人民たちの携帯電話使用はうれしい」

また、今年から平壌の空港から入国する外国人に対しても、それまで許されていなかった携帯電話の持ちこみが可能となり、入国の際に携帯電話のSIMカードも販売されている。このSIMカードでは北朝鮮国内には電話ができないが国際電話は可能だ。

これは韓国人にも適用された。8月に北朝鮮に入国した韓国人にも携帯電話の持ちこみが許されたと韓国の聯合ニュースが報じている。ただ、韓国には電話はかけられないとSIMカードの販売員から説明を受けたようだ。とはいえ、将来南北間で携帯電話の通話が可能になれば、南北交流の面でもあらたな変化をもたらすきっかけとなりそうだ。

最近では、これら携帯電話を狙った窃盗犯も出始めたとの報道もある。携帯電話の普及という、これまでの北朝鮮を振り返るとささやかながらも大きな変化だ。平壌などの都市部だけでなく地方にも確実に広がっており、北朝鮮の社会にどのような変化を起こすか、関心が高まっている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。