日米AIバトル、「日本企業」に勝ち目はあるか

アマゾンやグーグルなどの巨人とどう戦う?

こうした各社の動きを見ても、国内でAIプラットフォームへの参入が活発になっていることが理解できる。だが同時に「結局はアマゾンやグーグルに市場を奪われるのではないか」という感想を持つ人も多いだろう。

確かに米IT大手は、OS(基本ソフト)や検索、ECなど、ITに関連するあらゆる市場を掌握し、AIに関する技術開発やデータ収集においても高い優位性がある。グーグルはAIスピーカー「Google Home」を日本市場に投入することを明らかにするなど、今後日本に積極展開する可能性が高い。

日本企業の勝算は“日本語”にあり

国内企業はどう立ち向かうのか。カギになるのは「言語」である。AIプラットフォームは、AIスピーカーに代表されるように、音声で話しかけて利用することが前提とされている。それだけに重要になるのは、各国・各地域のユーザーが普段話している言葉をAIが認識し、その意図を正しく解釈できるかどうかだ。

アマゾンやグーグルが日本進出に時間がかかっている理由は、日本語のローカライズに手間取っているからである。日本でAIプラットフォームを展開する企業は、日本語の言語処理研究において米IT大手と戦っていけると判断したからこそ、参入したのではないだろうか。

言語面での優位性を活用して国内企業が出し抜くのか、圧倒的なパワーを持つ米IT大手にねじ伏せられてしまうのか、動向を見極める必要がある。AIに関しては、従来のテキストベースで展開されていたサービスとは異なる競争が待ち受けているのは確か。それだけに、今後の戦いは面白いものになりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT