AI革命こそ「ポストスマホ」の最有力候補だ

アマゾン、アップル、グーグルがこぞって参入

LINEはスマートスピーカー「WAVE」を秋に投入すると発表した。親会社である韓国のNAVERと共同で開発したAI「Clova」を搭載し、声でさまざまな操作ができる(撮影:大澤誠)

スマホの音声アシスタントや、話しかけて操作できるスマートスピーカーなどの人気が高まり、クラウドを活用した人工知能(AI)が脚光を浴びるようになってきた。アマゾンやグーグルなどのIT大手が力を入れるクラウドAIは、われわれの生活にどのように広まろうとしているのだろうか。

最近までIT技術の進化を牽引してきたのはスマートフォンだった。だが、初代iPhoneの誕生から10年が経過し、その進化も停滞ぎみ。そのため、ここ数年、IT業界ではポスト・スマホとなる新たなコンセプトの模索が続けられ、ウェアラブルやIoTなど、さまざまな技術やデバイスの研究が進められてきた。しかし、そのどれも、爆発的に普及して人々の生活を大きく変えたスマホに匹敵する存在には至っていない。

ポストスマホの最有力候補になったAI

そんな中、ポストスマホの最有力候補として注目されるのがAIだ。注目度の高さは、「スマートスピーカー」と呼ばれるデバイスの人気ぶりから見て取れる。音楽を再生するスピーカーでありながら、話しかけることによって好きな音楽を再生してくれるほか、ニュースや天気を教えてくれたり、家電を操作してくれたりと、さまざまな操作ができるものだ。

アマゾンの「Amazon Echo」はスマートスピーカー市場で先行した。グーグルやアップルも追撃する構えだ(写真:アマゾン)

米アマゾンの「Amazon Echo」が人気となったことを受け、グーグルも「Google Home」を投入。6月にアップルが「HomePod」で参入を表明するなど、競争は激化しつつある。

日本でも近く商品が供給される見通しだ。グーグルがGoogle Homeの日本市場投入を明らかにし、メッセンジャーアプリ大手のLINEも「WAVE」を秋に投入すると発表した。

スマートスピーカーだけではない。「Siri」に代表されるスマホの音声アシスタントサービスも、その代表格として挙げられる。実際、OS(基本ソフト)のアンドロイドを有するグーグルも、Siriに対抗するべく、5月から独自の音声アシスタントサービス「Googleアシスタント」を日本で提供開始した。スマホ上でもAIをめぐる争いは激しくなっているのだ。

次ページAIが進化した背景は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT